2007年02月06日

PA-09テスト版無償交換キャンペーン

さて、昨日の予告通り、PA-09交換についてのお知らせです。

昨年9月末より、共立グループにてPA-09テスト版の販売を行ってきました。
大好評でお客様に受け入れられ、当店でも異例のヒット商品となったのは記憶に新しいところです。
そして去る2月5日に正規品PA-09の発売に至りました。

そこでひとつの問題が浮上いたしました。
テスト版と正規品が全く同じ物であったら問題はなかったのですが、正規品はテスト版よりもさらに精度が上がり、良く言えば進化して登場したのです。
これではテスト版を買った人に不公平に映るのではないか。
そう思っていた矢先、開発元のエンジニアから通常では考えられない提案がなされました。
なんとテスト版と正規品を無償交換すると言うのです。
なんとも粋なはからいではありませんか。パソコンではこうは行きませんよ。

真・PA-09ブリスタ比較

と言うことで本題です。
PA-09テスト版の交換方法の説明です。

まず、交換方法は2種類ございます。

一つ目は、メーカーであるエンジニアにテスト版を直接送付し、正規品を送り返してもらう方法。
その際簡単なアンケートを添付する事が条件になります。
必ずアンケートを添えるよう宜しくお願い致します。
なお、テスト版発送時の送料はお客様負担となります。ご了承ください。
詳しくはメーカーサイトをご覧ください。
http://www.engineer.jp/info/test_change.html
アンケート用紙はコチラ→PA-09交換申込書(PDF書類)

二つ目はシリコンハウス店頭で交換する方法。
店頭にテスト版PA-09をお持ちいただき、メーカーに送付するものと同じアンケートにご記入いただけましたら、その場で正規品と交換いたします。
その際購入時のレシートや領収書は不要です。本体さえあれば結構です。
一日でもPA-09が手元からなくなるのは困るという方や、現物を直接見てから交換するか考えたいと言う人は店頭にお越しください。
アンケート用紙はあらかじめコチラで用意しておりますのでご安心ください。


と言うわけで、PA-09交換キャンペーンは7月末まで実施しております。
ご不明の点は開発元のエンジニア、またはシリコンハウスまでご連絡ください。


まぁ私個人的には、新旧両方持っててもそれはそれで面白いと思いますけどね。
なにせテスト販売品は二度と手に入らないレアアイテムですから(笑)

PA-09夕陽をバックに


<記事:伊東>

2007年02月05日

ついに登場!!真・PA-09 の巻

本日ついに、話題の精密圧着ペンチ『PA-09』の一般販売が始まりました。
今まで共立グループでしか買えなかったこの工具が、全国のパーツショップで買えるようになったのです。

真・PA-09ブリスタ比較

当初一般販売は昨年11月頃と言われていましたが、なぜ3ヶ月も発売が延びたのか。
それは正規品『PA-09』を見れば納得していただけるかと思います。
なんと正規品はテスト版(テスト販売品)と金型からして違うのです。
テスト版の完成度は目を見張るものでした。しかし正規品はそれをさらに上回る完成度になっていたのです。
なにせウチの辛口店員が「けなすところがないじゃないか!」と逆ギレしたほどなのです。

テスト版が完璧でなかったことは我々も認めるところでした。
しかし完璧なものなんて在りはしないと言う思いもありましたし、テスト版に感じた不満は『1.25mmピッチを圧着出来る』と言う事実に比べれば微々たる物だと思っていました。
しかし開発元であるエンジニアは満足していませんでした。
テスト版から設計変更すること2回。我々ですら驚くほどの完成度を持つ圧着ペンチを世に生み出したのです。

真・PA-09極小ダイス旧PA-09極小ダイス

素晴らしい職人魂です。『物作り日本』の健在ぶりを感じさせてくれます。

『今日の記事はいつにも増して提灯記事だな』と思われた方、ぜひ現物を手にとって試してみてください。
店頭でテスト版と正規品を並べて展示しています。両方を使い比べてみてください。
今日のこの記事が提灯記事でない事が解っていただけると思います。
使えば、判ります。

で、金型まで変わってパッケージも変わったのに、お値段は変わらず3950円にて販売いたします。
シリコンハウスが自信を持ってオススメする新たなスタンダード圧着ペンチ。ぜひその手でお確かめください。


ENGINNER 精密圧着ペンチ(正規品) PA-09 \3950-
http://www.engineer.jp/products/pa09/pa09.html


なお、テスト版をご購入のお客様にも大事なお知らせがございます。
詳しくは下記ページをご参照いただくとして、明日は当店ではどう対応するかをブログ上にて発表いたします。
明日もシリコンブログを要チェック!

・テスト版をご購入のお客様に大事なお知らせ
http://www.engineer.jp/info/test_change.html


<記事:伊東>


通販ご希望の方は共立エレショップへどうぞ!
精密圧着ペンチ / PA-09

2007年02月04日

マザーツール LCRメーター LCR-9603

LCRとは「ランドリークリーニング」や「Least Cost Routing」
の事では無くシリコンハウスですからアレの事。

LCRメーター

LCRメーターの特長は・・・
L リアクタンス(コイル測定)
C キャパシタンス(コンデンサー測定)
R レジスタンス(抵抗測定)
の3種類が測定可能。抵抗測定機能はどんなテスターでも
付いていますが、コイル・キャパシタンスは測定が
難しい為(特にコイル)付いていない事が多いです。

そんなCRもこのツールでは測定が可能!

仕様は・・・
インダクタンス レンジ2mH 20mH 200mH 2H 20H
キャパシタンス レンジ2nF 20nF 200nF 2μF 20μF 200μF
レジスタンス レンジ200Ω 2KΩ 20KΩ 200KΩ 2000KΩ 20MΩ
サンプリングタイム:約0.4秒
表示:見やすい文字高13mm液晶LCD
重量:約185g


次回入荷は未定。早い者勝ち大特価。
定価¥12,600が¥8,400-で2Fにて販売中。

担当:四元


2007年02月03日

斬る

『弘法筆を選ばず』とは言いますが、腕のいい職人ほど道具にこだわるのもまた事実。
特に弘法大師ほどの腕前を持たない我々なんぞは、腕の不足を道具でカバーしたくなるものです。

そんなこんなで便利な工具紹介第二弾。
今回もケーブルカッターのご紹介です。

先日紹介した『鉄腕ハサミ』こと『PH-50』ですが、万能とは言いましたが弱点があるのも事実です。
それは太い線が苦手なところ。
当店で取扱のあるケーブルでしたら大体どれでも、それこそ5C-FBでもサクッと切れるのですが、電気工事用のIV線などには使いづらいです。

そこでご紹介するのがこれ。

N-14パック入り

ホーザン製『N-14』でございます。
こちらはまさにケーブルカッターと言う風貌。
見た目通り太い電線もバッサバッサとカットします。
それもそのはず、このケ−ブルカッター『N-14』はカタログスペックで22SQのIV線をカットする事が出来るのです。直径にして5.3mmほど。素晴らしい切断能力です。
PH-50』を切れ味の鋭い日本刀とするなら、『N-14』はなんでも叩き斬る鉞と言えるでしょう。

この『N-14』、『PH-50』が出るまでは当店でメインを張るケーブルカッターでした。
編組銅線やフラットケーブルを上手く切る事ができないため、今は『PH-50』に取って代わられていますが、今でも太い線を切る時には店頭で大活躍しております。
一説には2000年ごろから使い続けられていると言われる店頭の『N-14』。
ほとんど刃こぼれもなく、未だに太いケーブルをサクサクと切っております。
こちらも無茶をしない限りは一生使いつづける事が可能でしょう。

N-14刃先

気になるお値段は3025円。
電工ペンチよりも軽く、切断面もきれいなので電気工事士試験用にもオススメです。

鉄腕店頭

・HOZAN ケーブルカッター N-14 \3025-
http://www.hozan.co.jp/catalog/nippa_penchi/knife.htm#N14


<記事:伊東>

2007年02月02日

電池で動かす真空管アンプ

今年は暖冬で過ごしやすいのですが、
今日みたいに急に寒くなると暖かいコタツが恋しくなります。
ついでに温かみのある真空管アンプなんていかがでしょう。
物理的にも暖かくなりますよ。

電池管

アンプ部の回路は5極管を使用した標準的なA級動作のシングルステレオ
アンプです。組み立てやすさや再現性を考慮して一段のみにしています。
006Px4本 単3x2本 使用

八ヶ岳クラブ
「球ちゃん此‥澱售疋▲鵐廖3Q4/3S4キット ケース加工済み」
価格 15750円

※当キットはあくまで上級者・熟練者を対象にした商品で当店では
技術・製作のサポートは一切行っておりません。


担当笹倉

siliconhouse at 19:36|PermalinkTrackBack(0)1階売り場情報 

2007年01月31日

細身の1.5Vアルカリ電池 AAAA

※細い電池を使ってもダイエット効果はありません。
STYLUS社のLEDライトで使われている細い電池。
性能としては特殊ではなく一般的な1.5Vアルカリ電池です。
高さx直径は42x8(mm)と単四電池より一回り小さい大きさ。

痩身効果は無し。細身のAAAA電池  AAAA電池
 シリコンハウス2F店頭価格
¥295-(税込)

「単六電池」と呼称される方もいらっしゃいますが、
それほど世間で通用している名称でもないようです。

電池の名称
_国際規格(IEC)__高さx直径(mm)__日本の通称_ _米国の通称_
_R20 61.5 x 34.2 単一__ D__
_R14 50.0 x 26.2 単二__ C__
_R6 50.5 x 14.5 単三__ AA__
_R03 44.5 x 10.5 単四__ AAA__
_R1 30.2 x 12.0 単五__ N__
IEC:国際電気標準会議。
参照ページ 日本電池工業会
※大きさはメーカーによって微小に違ってる場合がございます。



一部の006P(角形9V)電池ではAAAAが使用されています。
あの角型の匣の中にみつしりとAAAAが6本…
「ほぅ」と感心されるかもしれません。
AAAAが欲しくても、電池を分解するのは危険なのでお止めください。

(担当:小川)

siliconhouse at 18:57|PermalinkTrackBack(0)1階売り場情報 

2007年01月30日

キル

『弘法筆を選ばず』とは言いますが、腕のいい職人ほど道具にこだわるのもまた事実。
特に弘法大師ほどの腕前を持たない我々なんぞは、腕の不足を道具でカバーしたくなるものです。

道具、当店の場合は工具ですが、まぁ様々な種類があるものです。
普通の人は一生触れることのないような特殊工具から日常でも使えるようなものまで、用途様式拘りの数だけ種類があるといっても過言ではありません。
そんな中から日常よく使いそうな物を、今回はご紹介したいと思います。

それがこちら。

鉄腕パック

ケーブルカッターの『PH-50』でございます。

『ナントカとハサミは使いよう』と古くから言われる通り、はさみと言うのは色々な使い方ができ、また一生のうちに最も多く触れることのある工具なのではないでしょうか。

エンジニア製の『PH-50』の見た目は我々がよくイメ−ジするはさみそのものですが、2種類の刃を持つ『PH−50』通称『鉄腕ハサミ』は、先端のギザノコ刃で繊維や編組線、薄い金属板からビニール類まで鋭利にカットし、また、根元のU形ノコ刃は被覆のついた電線をザックリとカットします。
1本であらゆる局面に対応できる万能ハサミ、それがこの『鉄腕ハサミ』なのです。
精密圧着ペンチ『PA−09』を生み出したエンジニアらしい、使い勝手のよいケーブルカッターでございます。
もちろん紙やプラ板、お肉までスッパリ切れますのでご家庭でも活躍の場はかなり広いと思われます。

ちなみにこの『鉄腕ハサミ』ですが、我々も店頭で日常的に使用しておりまして、通常業務であるケーブル切売りの際に大活躍しております。
すでに2年以上使いつづけておりますが、大して刃こぼれする事もなく、今日も元気にケーブルをバッサバッサと切っております。

鉄腕刃先

気になるお値段は1260円。
当店で2年以上使いつづけられるとなると、一般的には無茶をしない限り一生使えるハサミであると言えます。
毎日使っている私自身が胸を張ってお勧めいたします。

鉄腕店頭


・ENGINEER ケーブルカッター 鉄腕ハサミ PH-50 \1260-
  http://www.engineer.jp/products/cut/ct02/item_01/ph-50


<記事:伊東>

通販ご希望の方は共立エレショップへどうぞ!
鉄腕ハサミ

2007年01月28日

エレキジャック新創刊

局地的ではありますが話題沸騰中のCQ ham radio増刊の
「エレキジャック」当店にも、もちろん入荷しております。
エレキジャックでは記事目次をちょっと紹介・・・
-光で遊ぼうLED
-ライブ・カメラに挑戦!
-ソフトウェア・ラジオ用BPFを作ろう
-1000円で作る平面スピーカ
などなど。

記事内容的にも去年日本版も発売された「MAKE」を意識している感はありますが、
CQ出版的なアプローチが潔いとも感じれる内容。

しかし、基板付きではありますが巻頭記事からPICを使っているのでほんとに初心者な
方には難しいかも?
(PICマイコンは内部にプログラムを書き込まないと使えません)

という事で近日中に巻頭記事の書込みPIC付き部品セット販売予定。
乞うご期待!!

エレキジャック 販売価格:\1,470-

担当:ヨツモト

2007年01月27日

便利な配線材が新登場

みんな大好きSPコードに、便利な50m巻が登場しました。

今回ご用意いたしましたのは0.1SQ相当の赤黒コードと、0.2SQ相当の赤黒コードの2種類。
どちらも1ヶ月に数百m売れる大人気商品です。

SPコード50m巻姿図

一番の特徴はリールに巻いてある点。
これまで当店でも数十mの切売りはしておりましたが、タバ状態でお渡しする為、使い勝手はお世辞にも良いとは言えませんでした。
しかしこれならリールに巻いてあるため、途中で絡まることもよじれることもありません。
チョコチョコと使うことのある自作派の方を始め、それなりに長い配線をされる方にもお勧めの一品です。

気になるお値段は0.1SQ相当が1890円。0.2SQ相当が2340円となっております。
どちらもこれまでの切売りコードと同じ値段ではありますが、リールに巻いてある分お得です。

工具箱に入っていると何かと便利なSPコード。
ぜひこの機会にお買い求めください。

SPコード50m巻店頭図2


・赤黒SPコード0.1SQ相当 HSP 10/0.12×2R/B 50m巻
 ¥1890-→¥2115-
・赤黒SPコード0.2SQ相当 KV-SP7/0.18×2R/B 50m巻
 ¥2340-

※現在は上記価格に変更となっておりますのでご了承ください。

<記事:伊東>

2007年01月26日

ナイフスイッチ

3階新商品情報

ナイフスイッチ
メーカ:テイシン電機
型番:SW-2
2回路2接点
価格:¥210-(税込)


申し訳ありません。

定格がわかりません。

なのでご使用の際は自己責任にてお願いいたします。

チャレンジャー求ム。


担当:楠原
共立エレショップで販売中!通販ご希望の方はご利用ください。
アンテナ切換スイッチ(ナイフスイッチ) / SW-2

siliconhouse at 16:49|PermalinkTrackBack(0)2階売り場情報 

2007年01月25日

決定!ベストバイハンディ機2007

おめでとうございます、アルインコさん!

本日発売の『ラジオライフ3月号』にて、【ベストバイハンディ機2007】の発表がありました。

ラジオライフ3月号

今回のベストバイハンディ機はALINCOの『DJ−X8』に決定いたしました!
昨年の『DJ−X7』に続いての受賞となります。

ラジオライフベストバイ記事

昨年の12月に発売したばかりなのにこの賞を受賞したという事実。
DJ-X8のもつバランスの良さがうかがい知れるのではないでしょうか。

これ以外にもラジオライフ3月号には『DJ−X8』を便利に使いこなす為のオプション品の紹介記事も載っています。
以前このブログでもご紹介した専用リコモン『EDS−12』と、パソコン接続ケーブル『ERW−4C』でございます。

ラジオライフオプション記事01ラジオライフオプション記事02

今無線に興味のある人、これから無線を始めようと思う人、今現在『DJ−X8』ユーザーの人。一度ラジオライフ3月号を読んでみてはいかがでしょうか。
ラジオライフはシリコンハウス1階と4階で販売しております。
もちろん記事で紹介されているオプション品も店頭販売しております。
『DJ−X8』との同時購入を強くお勧めいたします。

・三才ブックス ラジオライフ3月号 \590-
・ALINCO ワイドバンドレシーバ DJ-X8 \22800-
・ALINCO DJ-X8専用リモコン EDS-12 \2650-
・ALINCO パソコン接続ケーブル ERW-4C \2835-



もちろん、昨年ベストバイハンディ機に選ばれた『DJ−X7』も大好評発売中でございます。

昨年ベストバイに選ばれたDJ-X7

・ALINCO ワイドバンドレシーバー DJ-X7 \19800-


<記事:伊東>

siliconhouse at 16:47|PermalinkTrackBack(0)1階売り場情報 

2007年01月23日

久々にロボット情報。

次世代プチロボ01
「って言われてもこんな写真じゃわかんねぇよ!」
すみません。プロトタイプなんでこのヘンで勘弁して下さい。
(左ロボットは大きさ確認用のWEIRD-7)

去年のプチロボ発売から数ヶ月が経ち、そろそろという事で開発陣が新しい
タイプのロボットを製作しております。

ニューバージョンは・・・
・マイコンボードは今までより小型化
・サーボモーター用ブラケット付き
・シリコンキットでは無くワンダーキットにて販売
(全国のワンダーキット販売店で購入できます)

という所までは決まってますが、まだまだ試行錯誤中。
「****なロボットを作ってほしい!」なんて熱い意見ありましたら
コメント&トラバにてじゃんじゃん書き込んで下さい。

そして初代ことプチロボですが「サーボモーター不足」により現在生産が止まっております。
次回入荷は2月中旬の予定。しばしお待ちを。

担当:ヨツモト

siliconhouse at 18:31|PermalinkTrackBack(0)プチロボ 

圧接コネクタは使ってみれば便利なものです

コネクタの施工方法には、大きく分けて4種類ございます。

1.圧着タイプ
2.ハンダ付けタイプ
3.圧接タイプ
4.専用工具不要タイプ

以上の4種類でございます。

1の圧着タイプ用ペンチは一部、ご紹介いたしました。
話題の精密圧着ペンチ『PA-09』と汎用圧着ペンチ『P-706』です。
もちろんこれ以外にも圧着ペンチの種類はございます。

2のハンダ付けタイプ用工具に関しましては、特に説明も不要かと思います。
ハンダゴテとハンダしか使いませんから。

さて、3の圧接タイプのコネクタですが。
あまり耳に馴染みがないかと思いますが、現物を見ればピンと来るかと思います。

圧接コネクタたち

そう、リボンケーブル(フラットケーブルとも言われる)を挟み込んで一括全ピン結線するタイプのコネクタです。
よく見かけるのはパソコンのハードディスクの通信に使われるケーブルですね。

さて、こう言ったコネクタ、皆様はいかが施工いたしますか?
専用工具となると、以前店頭でも飾っていたのですが下図のように大掛かりなものになってしまいます。

圧接工具据置版

最も多いのは万力を使う方法かと思います。
コネクタ全体に均等に力を加えるには、万力は適していると思われます。
しかしうっかり力を加えすぎてコネクタを破壊する、なんて冗談のようなことも、案外と起こるものです。

そこで今回ご紹介するのはこちらの商品。

圧接工具本体

Pro'sKit製『6PK-214』でございます。
この工具は圧接専用のハンドツールです。
この工具一つあれば

圧接アンフェノール

アンフェノールも

圧接D-sub

D-subも

圧接MIL

付属のアタッチメントを使えばMIL系コネクタさえも、圧接可能です。
ただし工具の大きさにより、50Pin以上を圧接するには技が必要になりますが。

使い方も簡単。
コネクタをセットしてケーブルをはさみ、

圧接工具セット

握る!

圧接完了

仕上がりも問題なし。
握りすぎてコネクタを破損する心配もございません。

いざという時鈍器としても使えそうなこのハンドツール、気になるお値段は2980円でございます。
これ一つあればMIL系コネクタも気軽に使えますね。自作派の方にオススメの一品です。

・Pro'sKit IDC CRIMP TOOL 6PK-214 ¥2980-


<記事:伊東>

2007年01月19日

PC自作とシリコンハウス 第2回

最近では使わない製品などもありますが、PC自作においては「小さくて失くしやすい」部品の筆頭はコレではないでしょうか。

ネジ。

まあ付属ネジは基本的には多めに入っていて必要になることは少ないかもしれませんが、新商品が入荷してますのでご紹介させていただきます。


HDD用インチネジ
メーカ:AINEX(アイネックス)
型番:PB-024
価格:¥210-(6個入り)

HDD用インチネジの6個入りパックです。もちろんHDD以外にもお使いいただけます。
シリコンハウスには今までなかったインチネジとしても貴重な商品だと思います。

ハンドルネジ・インチ
メーカ:AINEX(アイネックス)
型番:PB-031
価格:¥300-(6個入り)

PCケースのサイドカバーなどの固定に使われることの多い手回しネジの6個パックです。
このネジに関しては多めに付属していることも少なく、なくしてしまうと困るネジではあります。ちなみにインチネジです。

ハンドルネジ・ミリ
メーカ:AINEX(アイネックス)
型番:PB-034
価格:¥300-(6個入り)

こちらはミリネジの手回しタイプの6個パックです。基板の仮止めなどすぐに取り外すような場所に使うと便利ですね。


PC系小物メーカとしては有名なAINEXの商品3種、もしネジを失くしてお困りの際はぜひシリコンハウスまで。

担当:楠原

2007年01月17日

部品選びマニュアル第2弾!

トラ技スペシャル97
初心者の方から、ベテランの方まで愛読されているトランジスタ技術スペシャル。
1年ちょっと前に大人気だった第1集に続き、第2集も発売となりました。
今回は信号周りである、リレー、ケーブル、コネクタに絞った内容、
各種部品の選び方や、使い方なども判りやすく掲載されています。
便利と感じるところは各種規格表、データが表としてまとめられている所でしょうか。

回路設計や工作時に手元にあると、トラブルがあっても解決法が見つかるかも?





発行:CQ出版株式会社
題名:トランジスタ技術 SPECIAL No.97「電子回路部品活用マニュアル 第2集」
価格:2310円(税込)


担当:入江