2006年11月02日

遊んで学ぶ。

穴の開いたプレート曲げてネジとナットで固定。
いろいろな形の動物や乗り物を作り上げる。
お父さんお母さん世代の方ならご存知かもしれませんが
今から25年ほど前に流行ったおもちゃだそうです。
それが去年から復刻していて面白そうだと思っていたのですが
遂にシリコンハウスでも取り扱えるようになりました。


それがコレ デルタックスです。
ヘリコプター複葉機

ヘリコプターは難易度2と簡単で子供向けです。
複葉機は難易度4と少し高めで大人が作っても楽しめます。

しかもただのおもちゃと侮るなかれ。
デルタックスのオフィシャルページではあの有名な数学者
秋山 仁先生も子供の想像力upに最適だと大絶賛されています。

遊んで学ぶおもちゃとしてお一ついかがですか?

VE-001ヘリコプター
税込¥525-

VE-051複葉機
税込¥1029-

担当笹倉




2006年11月01日

プチロボトラックバック企画募集期間終了!

トラックバック企画「アナタのプチロボ見せてください」

沢山の方々にご参加いただき誠にありがとうございます。
当初こちらで予想していた以上のすばらしい作品の数々。
あまりの完成度の高さに甲乙付け難いため、今回は最優秀賞は無かった事に…(汗)

・・・。

嘘です。冗談です。申し訳ございません。

これから社内にて厳正なる審議を行い、本日より一週間以内に最優秀賞および
その他各賞の受賞者を発表させていただきます。
ご参加いただいた皆様は、ドキドキの結果発表まで今しばらくお待ち下さい。

尚、受賞者に選ばれました方へのご連絡はこのシリコンハウスブログおよび
皆様のブログの最新記事のコメント欄にてさせていただきます。
その際にこちらへの連絡方法を記入しておきますので、そちらに必要事項を
明記の上ご返信いただけますよう宜しくお願い申し上げます。

さぁ「KHR-1」は誰の手に!

結果発表は来週始め頃です!


ご参加いただいた皆様のブログを一挙にご紹介!

HDR製作日記 はちぱん様
つれづれなるままに k-ji様
プチロボ「た○こま」製作記 unicom99様
ミサイルのロボット製作日誌 ミサイル様
The Weekly Herald axsee様
がらくたVol.8 がらくた様
プチロボ日記 hironosan2000様
何となく買ってみた 03atd様 
Running Kids 〜男は一生子供〜 maxi_member様
パソコン中年 ウッカリ八兵衛様
めろんそーだの日記 めろんそーだ様
プチロボ買いますた!マスタ!マスタ! NB!様
篠原 優の日記 篠原優様
イカロスの日記 イカロス様
ロボット製作日記(不定期) fjmt_2104様
ロボ k-hara様

計16名(順不同)※記載事項に訂正希望または、記載漏れなどございましたらコメント欄まで。

<担当:則武>

siliconhouse at 10:35|PermalinkTrackBack(0)プチロボ 

2006年10月31日

USBでタコ足配線

USBハブと言うと、各メーカーが様々な形状の製品を発売しています。
もはや全ての形状が出尽くしたと思われていた昨今、エレコムから斬新な形状のUSBハブが発売になりました。
『有りそうで無かった』という言葉は、この商品にこそ相応しいと思いました。

それがコレ。

これハブ揃い踏み

どこかで見たことのある形状ですよね。
それもそのはず、家庭用ACコンセントのタコ足配線に使われる『三角タップ』に『トリプルタップ』と同じ形をしているのです。

これハブ真相

コンセント感覚でUSBもタコ足配線が出来ちゃう素敵な逸品です。
メーカ−自身も『こんなカタチをしていても、本当に”USBハブ”なんです!』を売り文句に、『これはUSBハブです(略して『これハブ』)』シリーズと命名しております。


特徴としてその形状ゆえにパソコンのUSBポートが密接しているところに設置すると、当然のように付近のUSBポートをふさいでしまいます。

これハブおジャ魔女

しかしそんなことも判った上で発売しているエレコムさんが私は大好きです。
どうしても気になる人は付属の30cm延長ケーブルをご使用ください。
背面につけるとシッポが生えたようになる事うけ合いです。

これハブシッポ

見た目に意識を奪われがちですが、性能も中々のもの。
USB2.0対応ですし、バスパワー専用ですが1ポートあたり100mA以内の電源供給が可能です。
カラーもそれぞれホワイトとブラックをご用意。白好きにも黒好きにも納得していただけます。

今までにない形状のUSBハブ。これを使えば周りの目を引くこと間違いなし!
気になるお値段は2ポート仕様が1425円3ポート仕様が1575円となっております。
国内メーカーのUSBハブと比べてもけして高くはありません。
ありきたりに飽きた人や洒落のわかる人に強くお勧めいたします

これハブ店頭

ELECOM これハブ 三角タップタイプ(2ポート仕様)白 U2H-TAP2203BWH \1425-(定価\1785-)
       これハブ 三角タップタイプ(2ポート仕様)黒 U2H-TAP2203BBK \1425-(定価\1785-)
       これハブ トリプルタップタイプ(3ポート仕様)白 U2H-TAP2303BWH \1575-(定価\1890-)
       これハブ トリプルタップタイプ(3ポート仕様)黒 U2H-TAP2303BBK \1575-(定価\1890-)


※どちらも2006年グッドデザイン賞を受賞してるらしいです。

<記事:伊東>
※現在これらの商品は取り寄せ対応となっております。

2006年10月27日

明智君、また会おう!

PA-09夕陽をバックに1ヶ月で100本を売り上げた、工具としては異例のヒットを記録したエンジニアのPA-09。
ついにメーカー在庫がなくなったとの連絡が来ました。

もともとテスト販売だっただけに数量もあまり用意されていませんでした。
それに加えメーカーもビックリするほどの売れ方をしたため、一般発売を前にしてテスト販売用の在庫がなくなってしまった訳です。

メーカーも急遽テスト販売用のペンチを増産してくれることになりましたが、次回入荷は11月20日頃になるとの事でした。
それまで残り数本の在庫で頑張っていくしかないようです。まぁ1週間ともたないでしょうけど。

そう言う訳でしばらくPA-09とはお別れになりますが、再会の約束もしたことですし、シリコンハウスでは予約の受付をしておりますのでお気軽にお申し付けください。
入荷次第ブログ上でもお知らせいたします。


また、一般発売に関しましてはメーカーサイトにて告知があると思いますのでそちらをご参照ください。


<記事:伊東>

アジレントのデジタルオシロも入荷!

全景 大人気の最新型デジタルオシロスコープにAgilent Technologiesの製品が追加登場です。
先日の岩通のデジタルオシロは25MHz帯域ですが、このアジレントのものは60MHz帯域と倍以上の帯域の製品を用意しました。
 サンプリング速度も最高1GHz(2ch同時500MHz)と、こちらも岩通の製品の倍以上の速度で動作します。
アクイジョンメモリが4kポイントと若干少なめですがデータロギングでもしない限りは十分な長さです(同価格帯のT社の製品は2.5kポイントです)。

 特筆するところとしてはパネルの操作子がアナログオシロスコープとほとんど同じで、直感的に操作できる点です。
たとえば、とりあえず現象を観察しようとしてプロービングしたところ電圧軸感度が高すぎて波形が画面からはみ出したときなどは、従来のアナログオシロではすぐに電圧レンジツマミを回して感度を落とせば事が足りていましたが、一般的なデジタルオシロでは、まず電圧軸感度変更のモードにして、チャンネルを指定して、その後にやっと感度を落とす、という手順が必要です。
 1chでその有様ですので、2ch操作をするともう一度繰り返さなければならず心底面倒です。
しかしながら、この製品では各チャネルにそれぞれ独立した電圧軸専用のツマミがありますので、アナログオシロとまったく同じようにワンアクションで操作が可能になっています。
リモート画面 また、岩通のオシロには無い大きな機能としてパソコンとUSBで接続して、リモート状態で操作、データの取得が可能な専用ソフトウェアが付属しています。
 左の画像は2ch動作時のソフトウェアのスクリーンショットです。
岩通の製品はすべてUSBメモリに記録しますので、繊細な信号を扱うアナログ回路など、ノイズの塊であるパソコンが置けないような状況では非常に便利ですが、パソコンが横にあっても問題の無いPICマイコンを使用した工作等ではこちらのソフトウェア上からリモートで操作、取得する方が便利な場合も多いでしょう。
ガッ 左の画像は例によって圧電素子(ムラタのPKS1-4A1等)をガッと叩いた時の波形をリモート画面から保存したものと、そのデータです

 国産の製品ではめったに見かけないことですが、章ごとに「練習問題」という感じのチュートリアルがあり、オシロスコープの入門書を読まなくても実践的な使用方法が身につくように配慮されているエントリーユーザーに優しい取扱説明書や、外部機器を使用して行う本格的なキャリブレーションまで日本語で解説してあるサービスマニュアルが供給されているのはとても好感が持てます。
あ、ACケーブル撮り忘れてる 大変親切な各マニュアルを収録したCD-ROMや、(60MHz帯域のオシロなのに)150MHz帯域とずいぶん余裕のあるプローブ、校正証明書などの付属品一式はアメリカというお国柄なのか、ちょっとカッコいい感じに供給されます。

Tektronixと双璧をなす電子計測器のリーディングカンパニーといわれたHewlett-Packard社から1999年に分社化したアジレントですが、やはり長年の経験が光る製品となっています。
 このアジレント・テクノロジー社の2chデジタルオシロスコープはシリコンハウス2階にて145,000円(税込み)で常時在庫品として取り扱っています。


実験と写真と文:近藤

2006年10月25日

トランシーバは手作り可能!?

2e72e569.jpg 無線機の設計と製作、と難しいタイトルになっていますが簡単に言うとラジオとワイヤレスマイクの作り方です。
内容の工作例のほとんどがユニバーサル基板を使用した敷居の低いもので、部品の配置図も見やすく掲載されていますので(ユニバーサルを使うときに陥りがちな)裏の配線の混乱による失敗を防ぐ親切な構成になっています。
 第一章は最近あまり見られない電子工作に必要な道具を写真を多く試用して丁寧に使い方からちょっとしたコツまで解説してあり、入門書としてもとても良い出来になっています。
 後半になるにつれて、AM送受信機から、SSB送受信機、FM送受信機と、初心者用の工作本では満足できない方には挑戦のし甲斐のある記事の紹介になっています。

 本書の特徴として単なる工作紹介の書籍ではなく、アナログ回路を作るときに有効な小技やノウハウをふんだんに載せているのが大きな特徴で、一瞬復刊してすぐに絶版になってしまった某名著でなければ解説していなかったトロイダルコアの有効な使用方法がしっかりと載っています。
 また、いまさら勉強しようとなると古い大学の教科書のような難解な書籍しか残っていない古典的な高周波回路についても平易に解説されており、その分野の入門書としても最適です。


著者:鈴木憲次
発行:CQ出版株式会社
題名:無線機の設計と製作入門
価格:2520円(税込み)


文:近藤

カラフルパック

秋も深まりだいぶ涼しくなってきました。
これから冬に近づくと街はイルミネーションで彩られることでしょう。
今日はクリスマス2ヶ月前。まだたっぷりある時間を使ってクリスマス向けイルミネーション作成などいかがでしょうか?

とりあえずLEDを沢山つけまくってキレイにしたいという方にオススメなのがこちら。

LED300個パック
混ぜLED1

PARALIGHTの赤・黄・緑を100個ずつパックしてあります。
お値段はお得な¥2,400-です。

更に以前ご紹介しました着色青LEDを含んだ100個パックもご用意しております。
こちらは赤30個・黄30個・緑30個・青10個のカラフルな色揃え。
お値段は¥1,260-となっております。


秋の夜長、電子工作に時間を費やしてみるのも悪くはないんじゃないでしょうか。

混ぜLED2

担当:楠原

siliconhouse at 10:10|PermalinkTrackBack(0)2階売り場情報 

2006年10月24日

ピンク色LED

3階LEDに新商品の登場です。

MT-LS530PC-S1

ピンク色LED
メーカ:MTOPTO
型番:MT-LS530PC-S1
価格:¥120-
DC3.2V 20mA 3500mcd


なお、個数によっては更にお得になります。

10個以上 :1個あたり¥100-
100個以上:1個あたり¥90-



担当:楠原

siliconhouse at 19:12|PermalinkTrackBack(0)2階売り場情報 

2006年10月21日

好評に付き2ndバージョン登場!学研「真空管ラジオ ver,2」販売開始!

今年の3月に発売となって爆発的に売れ、話題となった「真空管ラジオ」・・・
約半年後の10月20日に「真空管ラジオ ver,2」が一斉販売開始となり、シリコンハウスにも入荷しました!!
真空管ラジオver,2 正面

「前のバージョンと比べてどこがどう変わっているんだ?」と言われますと、
大きな変更点として概観的には全体的に黒色を使用し「重厚感」「高級感」が上がり、シックな感じになりました。
絹巻きアンテナ線(リッツ線)の色も肌褐色系の色から緑色に変更されてます。
(外皮に天然成分の絹を使用することで発生電圧が下がり、パチッと来ない)

機能面ではやはりver,2はマイク入力機能が追加された点ですね。(前回には無かった新機能!!)
真空管ラジオ ver,2 マイク部

使用している3本の真空管の内の「1K2」の部分をポンッと抜いて頂き、今回ver,2に付属しています
マイクユニットをくっつけて頂くとマイクを使用した「音の増幅実験」が出来るようになります。(ワワワー♪)

さて、そんな真空管ラジオ ver,2のお値段は税込¥9800−となってます。
このお値段を「高い!」と思われるかどうかはお客様次第でございます。
まぁ、でも秋の夜長にゆっくりと風情のあるカタチから流れるラジオを楽しむのもまた一興ではないでしょうか。

write:上田


siliconhouse at 19:49|PermalinkTrackBack(0)1階売り場情報 

ついに登場!日圧の極小コネクタの巻

精密圧着ペンチPA-09が発売になって1ヶ月が過ぎようとしております。
当シリコンハウスでは異例のヒット商品となっているこのペンチがついに通販でも買えるようになりました
遠方のお客様は是非御利用ください。
※なおこのPA-09は共立グループでのテスト販売となっております。
 一般発売は2006年10月21日現在まだ行なわれておりません。
 あらかじめご了承ください。


さて、この精密圧着ペンチが登場して、我々としても2mmピッチ以下のコネクタを置きやすくなりました。
これまでは圧着工具がないということで敬遠していたわけなんですが。


そんなわけで、この度日本圧着端子の1.5mmピッチコネクタ、『ZHシリーズ』を取ってみました。
以前からちょこちょこご要望のあった商品です。

ZHコネクタ
2ピンから5ピンまでのハウジング、直型ポスト、L型ポストをご用意。
コンタクトピンは小さすぎるため10本束での販売とさせて頂きます。
この顔にピンと来たらご来店ください。

ZH大きさ比較
上が大きさ比較。
左が日本圧着端子製2.5mmピッチコネクタ『XHシリーズ』の2ピン。
右がHRS製1.25mmピッチコネクタ『DF13シリーズ』の2ピン。
まさに極小コネクタ。

ZH施工例
しかしご安心を。こんなに小さくてもPA-09で圧着可能です。



日本圧着端子(JST) ZHコネクタ
     ハウジング ZHR-x \10〜15-
     直型ポスト BxB-ZR \15〜20-
     L型ポスト SxB-ZR \15〜25-  
     コンタクトピン SZH-002T-P0.5 \50-(10本) \470-(100本)
       ※xにはピン数が入る(例:ZHR-2=ハウジング2P)

<記事:伊東>

携帯電話の理論とは....?

1eb25224.jpg 本書は良くある無線技術全般の解説ではなく、近年急速に発展したデジタル通信に的を絞った内容になってます。
他の本に無い特徴として、デジタル通信はこんなことをしていますよ〜という案内にページを割かず、理論が中心となっています。
 古典的なAMからFM、ASK、FSKに始まりPSKからCDM、OFDMと解説が進んでゆきます。
理論が中心というと学校の教科書のように読みづらいものを想像しがちですが、本書はハードウェアかソフトウェアか信号処理数学のどれかに慣れている人を対象にしているレベルになっており、初心者の方やデジタル通信に興味があるという方には少々敷居が高い内容となっています。
 そのかわり、先に述べた技術のうち1つでもお持ちの方には他の分野へ視野を広げながら理解するのにはとても適した、分かりやすい内容となっています。

 従来の入門レベルの書籍では役に立たないけれど、机上の学問ほど理論として割り切れない現場の方へお勧めします。


著者:西村芳一
発行:CQ出版株式会社
題名:無線によるデータ変復調技術
価格:2520円(税込み)


文:近藤

2006年10月20日

あっという間の終了品・・・

E-183

先日ご紹介したばかりの定電流ダイオード「E-183」が早くも生産終了となってしまいました。

初回入荷分にて終了させていただきます。
お求めの方はお急ぎください。

担当:楠原

siliconhouse at 16:09|PermalinkTrackBack(0)2階売り場情報 

ひそかに人気の4極ジャックのその売れる理由とは

一般でよくテレビとビデオカメラをつなぐ用途で使われている4極ミニジャック。
今までそこそこの売れ行きだったのが今年に入ってバカ売れ必至の大人気商品と踊りあがりました。

4極


端子が細かくてハンダ付けとかやりにくいのになんでだろうと調べてみたら、
どうやらとあるワンセグチューナーと中継することによって車で『ワンセグ』放送を視聴することができるらしいですね。

ネットで調べると出てくる出てくる情報が、、、
どうも両端に4極ジャックをつければはいできあがり、なわけですね。

身にジャック

ならば4極中継アダプターがあればバカ売れだっ!!、、と思うもののそんな都合のいい商品なかなかないものなんですよね。

そんなこんなで4極ミニジャック扱い中です。
 マル信 MJ-064 ¥85-
4極ミニプラグ−3色ピンジャック変換ケーブルも扱い中です。
 カモン 435-15 ¥335‐

なお、自動車運転中のテレビ視聴は

非常に危険すぎるので絶対にしないでください


また加工に関してはあくまで自己責任でお願いいたします。


<増田>




2006年10月19日

ロボット製作に最適!こんな工具が欲しかった!

前回このブログにて掲載後、大反響をいただいております圧着工具「PA-09」に引き続き

工具メーカー「エンジニア」と「シリコンハウス」 夢のコラボ企画第2弾
ロボットパーツ作りに最適!金属曲げ工具「ポケットベンダー」TV-40をご紹介

ポケットベンダ ポップ





これまでの折り曲げ工具はどれも大きくて、一般家庭で購入するには少しばかり厄介な代物でした。しかし、ロボット用パーツを自作する程度ならもう少し手軽で場所を取らない工具があってもいいんじゃないかい?という私の無理難題が、工具メーカー「エンジニア」の男気溢れる開発者様たちの手によって現実の物となりました。


「ポケットベンダー TV-40」のココがスゴイ!

ベンダー2折り曲げ部分のブレード幅が12mmしかないので最小で13mm幅(ブレードのくわえ幅)の細かな「コの字」や「S字」加工が簡単に出来る!



ベンダー1両サイドのブレードにアールがつけてある為、どちら向きでも自由自在に90度曲げができる!これさえあれば、オリジナルのサーボブラケットや外装パーツも簡単に作れちゃう!





「プチロボ」の開発段階で手の部分など多角形の折り曲げにこの工具の試作品をお借りして製作しましたが、気軽にイメージした形に折り曲げることが出来るこの工具はまさに「プチロボ」のコンセプトにぴったり!置き場所にも困らないポケットサイズなのでこれまた「プチロボ」仕様!

だけれど、小さくっても「プチロボ」のみならず、元々はこれまで販売されてきた二足歩行ロボットのオリジナルパーツ製作を視野に入れて開発してきた商品なので、他のロボットでも間違いなくお役に立つ工具なのです。

まさに「ロボット製作者必携の一品!」

エンジニア&シリコンハウス共同開発 金属曲げ工具
「ポケットベンダー TB-40」はただいま全国に先駆けてシリコンハウスにて先行販売中。
店頭販売価格は税込み\4480-。

<担当:則武>


通販ご希望の方は共立エレショップへどうぞ!
金属曲げ工具ポケットベンダー[RoHS] / TV-40

2006年10月17日

岩通デジタルオシロ続報

57fe34b4.jpg 先日、速報でお伝えしました岩通のデジタルオシロスコープですが大変好評を頂きまして、店頭に並べて2週間ほどですが、すでに2台売れています。
 購入された方に伺ったところ、非常に小さい外寸と2kg程度という軽さが大きな利点とのことです。
店頭で常時展示しておりますので、興味がある方はぜひ店頭で声をかけて、触ってみて頂きたいと思っております。

 さて、今回は大好評のこのデジタルオシロの具体的な使用感をご紹介します。
デジタルでの基本性能を決めるサンプリング速度は2ch動作時の200MSa/sec(1ch動作時は400MSa/Sec)は25MHzのアナログ帯域を考えるとかなり贅沢な速度で動作します。
 その速度のアクイジョンに対してはデジタルオシロにありがちなワンテンポ遅れたものではなく、小気味の良いものになっています。
また、各操作子の操作感もアナログオシロスコープを作り続けて確実な実績とノウハウがある岩通ならではの「カリカリ」と適度に抵抗のある良好なフィーリングであったり、メニューを呼び出すボタンと、そのメニューを消すボタンが違うととっさの操作が出来ずに非常にイライラしますが、この製品はOn/Offが同じボタンで操作できるなど、細かな点で使い勝手の良さが追求されています。
 また、他社のオシロが見劣りしてしまうほど明るくコントラストの高いTFT液晶パネルは本当に見やすく、この点も表示波形品質にこだわる岩通ならではと言えます。

衝撃波 アナログオシロスコープとデジタルオシロスコープを比較するとそれぞれ一長一短がありますが、ストレージ管を使ったアナログオシロでは単発波形の記録までは何とかできても、記録した波形を拡大して観察することはどうやっても出来ず、この点はデジタルオシロスコープで無ければ出来ない、大きなアドバンテージです。
 一例を紹介しますと、圧電ブザーをプロービングしてブザーをペンでガッと叩くとこんな波形が出てきます。
この波形は単発現象なので普通のアナログオシロでは一瞬輝線が掃引するだけで、観測手段は目の奥に焼きついた波形をなんとか思い出すしか方法はありません(これを網膜ストレージと言う人もいます)。
衝撃波ズーム しかしながら、デジタルオシロではSingleモードでトリガをかけてやれば波形を捕捉したら確実に画面に残してくれますし、それだけにとどまらず捕捉波形を(アクイジョンメモリが許す範囲で)拡大して、細部まで観察することが出来ます。
 先ほどの衝撃波形のトリガ部分(立ち上がり部分)を100倍に拡大するとこんな感じになります。
 デジタルオシロとしては昔から実現していた機能ですが、この製品は最近の機種らしくアクイジョンメモリに捕捉したデジタルデータをCSV形式で書き出すことが出来るので、Excel等へ渡すデータとしても有効に活用できます(先ほどの衝撃波形のCSVデータはこちら)。

FFT三角  そのほかの機能として、やはりこれも最近の機種らしく(昔はLecroyのオシロ位しか搭載していなかった)FFT解析も標準で装備していますので、メカニカルな分野のスペクトル解析やオーディオの歪のチェックに大変便利です。

 今回の記事で使用した画像データやCSVデータはすべてオシロ前面にあるUSBポートにUSBメモリを差し込んでセーブしたものをそのまま使用しております。

 岩通の意欲的な価格のこのデジタルオシロはシリコンハウス2階で102900円(税込み)で販売しております。


実験と写真と文:近藤