急速充電器QEC-F20真っ暗でも安心。「転ばぬ先のナイトライト」

2005年07月12日

パソコン自作に使うドライバー

DG-12はOS2つ分
(某OSパッケージ2つ分の長さのドライバー)



パソコン自作で重要なことのひとつに
『マザーボードをしっかり留めること』が挙げられます。

それはCPUの安定動作に必要であり、
また「ビビリ」を無くすことによって、静音化にもつながります。

ネジだけを考慮するなら、特別なドライバーは必要なく、
プラスドライバーがあれば出来ます。
出来はしますが、留め難い場合があります。

例えば
マザーボード上のコンデンサやCPUファンにより、幅が狭くなってる場合、
左手でネジを押さえて右手でドライバーを回す作業が困難なことがあります。
他には
ドライバーの軸長が短い場合、
グリップまたはそれを持つ手が引っ掛かって、上手く回せないこともあります。

一番怖いのは
ネジを留め損ねて転がって、それを取ろうとした時、
ドライバーを持つ手がおろそかになって、パターンを傷つけてしまうことです。
一度も使うことなくマザーボードがご臨終。
…実際に起こった状況です。

パソコン自作にお勧めしたいドライバー
エンジニア「DG-12」
シリコンハウス2F店頭価格:¥685-(税込) DG-12は先端マグネット






「DG-12」の特徴
・軸長250mm(グリップを含めた全長は362mm)。
・先端がマグネット。
この性能を活かして狭いところでも問題なく片手でネジを留められ、
良好な作業効率が得られます。
また「クロムバナジウム鋼全身焼入れ」なので、強度が高く防錆性能にも優れています。

パソコン自作に限らず、それ以外でも大いに使えるアイテムです。

(担当:小川)

siliconhouse at 23:09│TrackBack(0)1階売り場情報 

トラックバックURL

急速充電器QEC-F20真っ暗でも安心。「転ばぬ先のナイトライト」