白熱灯の明るさを調整「PC-30」40年振りに復刻! 学研「マイキット 150」

2005年08月31日

安くて簡単に温度を計ろう「CompuNurse」

わたくしどもシリコンハウスにおいて
伝説となっている質問があります。
それは…

「8月31日はなにをしてましたか?」


一聞、アホっぽい質問ですが、
これだけで、その人の子供時代が赤裸々に暴露されるという
おそろしい質問でもあります。

子供にとっての8月31日。
それは夏休みの宿題がどうなってるのかということ。

その中でも「自由研究」は、やらなければならない最重要課題です。
採点する先生としても、無味乾燥な答え合わせになりがちな国語などより
個性の出る「自由研究」の方が印象に残るでしょう。
「自由研究」をしていないと、成績ばかりでなく人間的な魅力にも響くのではないでしょうか。
…友達がやってるのに自分だけやっていないとなれば状況劣悪です。

もはや残すところ一日。
短時間で、長くても一日で終われる「自由研究」の手助けになり、
簡単で、しかも安い!
そんな優れ物をご紹介いたします。

CompuNurse  サーミスタ温度計
 「CompuNurse」
 
 ■温度範囲:0℃〜90℃
 ■表示部:48x28.6x14mm
 ■ケーブル長:約1m
 ■電池付属:LR44(L1154) 1ヶ
 
 シリコンハウス
 店頭価格:  \785_(税込)
 各階で販売中

 
気象庁による温度の計り方は、
昔は「百葉箱」と呼ばれる言わば風通しの良い箱の中にある温度計で計る方法でした。
今はセンサーを使った温度計を用いておりますが、やはり直射日光を避けるようにカバーなりを付けております。
お天気のニュースで知ることができるのは、以上のような条件による一面的な温度にすぎません。
最高気温が「35℃」であったとしても、「日なた」の物を計れば「40℃以上」ということもありえます。

様々な温度を自ら計っていこうというのが、
サーミスタ温度計による「自由研究」の提案です。

 
ケーブルの先に付いたサーミスタで
あらゆる温度を計り、表にしていく。
「木」「花」「草」「石」「土の表面」「土の中」「公園の遊具(鉄)
「犬(動かないように押さえよう)
「猫(引っ掻かれないように気をつけよう)
「セミ(すでに動いてないものでもOK)
「テレビの画面」「テレビの上」
「テレビの上に雑誌を乗せて、テレビのすぐ上と雑誌の上を計って断熱効果を検証」
「電源が点いてない時のテレビ」
「扇風機の前(弱・中・強で温度が変わるのか?)
「冷蔵庫(冷蔵庫の裏は危ないから禁止)
「色違いの紙(または傘など)、各色」「おでこ」
「10km走った直後の足の裏(目標タイム1時間内)
「部屋の中(エアコンの前、天井近く、床などなど)
「蛍光灯」「お母さん」、他にも様々etc…。

その中でも可能であれば「日なた」「日かげ」「時間別」も計ってデータを増やす。
(動物であれば「各部位」について調べる)

もちろん表にしただけでは全く駄目です。
最後に自分の考えを付け加えてこそ、自分に由る「自由研究」
お天気情報の「最高気温」と参考比較してみたり、
状況によって温度が違う原因を挙げたり、
扇風機で、人間は弱より強が涼しく感じるのに「温度計の温度」は…?、
それらについて自分なりの考えを書いていけば完成です。

おまけに
「この温度計に使われているサーミスタとは
温度によって抵抗値(電気の流れにくさ)が変わる素子(物体)のことです」

と、温度計自身のことも調べると、より良くなること受けあいです。


二学期を楽しく迎えられますように。




扇風機のところで、
仮に、
「弱中強で温度計の温度はさほど違いが無い」という結果が出た場合。
「人間が涼しく感じるは『気化熱』のせい」
と、書くだけでは不足です。
単に「気化熱」という用語を持ち出しただけであって、本当に理解しているとは評価されません。

「人間の肌に付いてる汗などの水分が、風によって気化するとき
気化するのに必要な熱(気化熱)を体温から奪うため、涼しく感じます」

と、「気化熱」の説明まで出来れば、かなり評価も高まります。

(担当:小川)

トラックバックURL

白熱灯の明るさを調整「PC-30」40年振りに復刻! 学研「マイキット 150」