米国BOURNS社、ロータリエンコーダ入荷!開発ツール、続々再入荷しております。

2005年09月30日

Weird7作ってます。「組み立て完成」

weird7-組み立て完成 各部木材パーツを接続。
基板を装着。
配線接続。
作業時間:1時間足らず

ここまでの全工程、合わせて3時間半ほど。


今回の作業で気をつけることは、基板装着の箇所。

weird7-基板
ネジで基板を固定する時、
強く締めすぎると基板がたわみ、下手をすれば基板が折れます。

抵抗、トランジスタなどの足(リード線)が裏に出ているため、
基板の下にある程度の空間を必要とします。
ですから、基板と土台の板を密着させようとネジを締めていくと折れます。
基板の下に空間を確保してネジ留めます。

あとは、パソコンとWeird7を接続して動かせます。


基板に
各サーボモータケーブル番号、
コネクタの向きを示す「-」の文字、が印刷がされているので
ケーブルの接続に戸惑うことは無いと思うのですが、
字が小さいので、虫眼鏡があった方が良いかも知れません。

(担当:小川)

トラックバックURL

米国BOURNS社、ロータリエンコーダ入荷!開発ツール、続々再入荷しております。