今年も残すところ、あとわずか…歳末特価!携帯電話データ転送ケーブル+メモリリーダ/ライタセット

2005年12月18日

トラ技新年号

 電子技術業界ではその存在を知らない人は居ないトランジスタ技術誌。
最近はマイコン基板を付属させたりと特別付録が素敵ですが、先日発売された新年号(2006年1月号)はアナログ回路設計にTRY!という特集とともにオペアンプを使用したアナログ回路用のプリント基板が付属しております。
 デジタル3年アナログ8年と言う諺(?)もあるように経験とカンを要求するアナログ回路は最近のマイコンブームの影響もあってますます敷居が高い特殊な技術という認識が広まってしまっています。
 確かに極限の性能を求めるアナログ回路はベテランの職人さんにしか設計できないものですが、基本的な初歩の回路は意外と簡単に動くものでして、マイコンのプログラムのバグの方がよほど厄介で難解でなものです。
虎技

 さて、今月のトラ技はマイコンなら馴れているんだけどアナログ回路はちょっと...と苦手とされている方にぜひ手にとって頂きたい特集号です。
 シリコンハウス3階では特集で使用する部品一式を当店で扱っている部品と対応させたパーツリストを配布しておりますので、リストを見ながら店内でトラ技と部品をそろえていただけましたら、帰宅後直ぐに実験に取り掛かっていただくことが可能となっております。


絵と文:近藤

siliconhouse at 13:23│TrackBack(0)1階売り場情報 

トラックバックURL

今年も残すところ、あとわずか…歳末特価!携帯電話データ転送ケーブル+メモリリーダ/ライタセット