2006年02月12日

コンタクトグリスでフィーリングアップ

 3階には「コンタクトグリス」と呼ばれる、接点の潤滑・防湿、接触抵抗の低減、磨耗の防止に効果のあるグリスがございます。
主にスライドスイッチ等の接点にお使いいただくためのグリスなのですが今回はちょっと方向の違う知っておくと便利(かもしれない)な使用方法をご紹介いたします。

 お決まりの事では有りますが、以下にご紹介することはあくまで自己責任で試されますよう、お願い致します。
内部に高電圧が有る電気製品はけして少なくないので、知識が無いままでの実行はとても危険です。

 たとえば、中古で素敵機材を見つけたのはいいけれどどうもフェーダーのフィーリングが渋い。
高級コンソールのマスターと同じ、とまでは言わないけれどもう少しスムーズに操作したい。
そんなときに「コンタクトグリス」です。

基板全体  まずは戦利品の外装をバラします。
微俯瞰図 次にフェーダーを良く見て、フェーダーの屋根部分とスライドノブのボディとの接触部分にグリスが行き渡るように、屋根裏に少量のグリスを塗りつけます。
拡大俯瞰 見難くて申し訳ないのですが、赤の矢印が挿している(フェーダーの屋根裏)部分にグリスが塗りつけてあるのが分かっていただけますでしょうか...。

 塗りつけるには小さくて細いところに入って、なおかつ裏の部分に塗りやすい治具があると便利なのですが色々試した結果「耳掻き」が最適でした。
 無事に塗ることが出来ましたら、後はフェーダーをガシガシ動かしてグリスをなじませてやってください。

 さて、フェーダーの屋根裏の擦動部分の潤滑なら他のグリスでも、と思われるかもしれませんが、電気接点を考慮していないグリスですと万一飛沫等が落下し、電気接点部分(抵抗体)に付着した場合、特性の劣化や最悪の場合全く使い物にならないダメージを与える可能性があるのです。
 そのためにも電気接点を考慮してある「コンタクトグリス」がお勧めなのです。

 この商品はシリコンハウス3階にて241円(税込)でご用意しております。

絵と文:近藤

トラックバックURL