2006年02月26日

真空管のバリエーションアップ

 シリコンハウス3階では以前から真空管をラインナップしておりますが、今回新たな銘柄をご用意しました。


12AX7ブラザーズ  以前よりJJ、EiElite社は取り扱っていた12AX7(別名ECC83)ですが、新たにPM社とGoldenDragon社製を扱うことになりました。
PMはイギリスのメーカーで、特にギターアンプ等に使われることを前提としたメリハリのある音を目指して設計しているとのことです。
 一方のGoldenDragonは中国製となりますが設計、製造、品質管理はイギリスの電機メーカーとのことで、生産国は中国となっていますが従来の旧東側の国々の球とはちょっと毛色の違う、不思議な音質を出すメーカーです。
 最近はすっかり普及した感のある真空管を使ったアウトボードの音質チューニングやPM社が本領を発揮するギターアンプのスペアチューブとしていかがでしょうか?
 オペアンプ等半導体を交換する音質チューニングに比べて格段に手軽に、確実に変化が楽しめます。
お値段はメーカーに関係なく一本、1890円(税込)です。
金龍6CA7
 お次はパワーアンプの定番、EL34こと6CA7です。
GoldenDragon製の6CA7ペアは見事な二重の化粧箱入りとなっており、真空管を扱う楽しみの一つである化粧箱を楽しむ、と言うところまでしっかりと応えてくれます。
 音質はGoldenDragonらしい、一聴するとそつの無い無難な、悪く取ると平坦な音なのですが奥に有る音に注意を向けてみると、目立たないのですが細かい部分までしっかりと鳴っている事に気づく事が出来ます。

英国6CA7  このPM社の箱にしっかりとGuitar Tubesと書いてあるように、ぜひともギターアンプに使っていただきたい球です。
音は見事にメリハリのある派手な方向でして、ハードロック、ヘヴィメタルを好まれる方にお勧めです。
 ギターアンプ向きとは有りますが、真空管として見たらしっかりと作り込まれた6CA7(EL34)ですので、一つ上で紹介しましたGoldenDragon製と同様、先日の真空管アンプのご紹介でありましたTU-879に無改造で交換できる球となっています。
 GoldenDragon、PM社共にステレオでの使用を特別に考慮して互いの相性が良いように選別したマッチングペア(2本一組)でのお渡しとなり、お値段はこの6CA7(EL34)もメーカー問わず1ペア5250円(税込)です。


 一つのアンプのボディさえ持っていれば、真空管を替えるだけで様々な、まったく違う製品と言ってもいいくらい音の変化が楽しめる。
 トランジスタやICでは真似出来ない、真空管アンプだけの楽しみを、ぜひご体験下さい。



絵と文:近藤

siliconhouse at 16:49│TrackBack(0)2階売り場情報 

トラックバックURL