日本の夏、シリコンの夏。 今年も入荷「蚊取りラケット」またまた高性能特価ケーブル

2006年06月12日

真空管の歴史の本

5496c939.jpg 今日の電子技術のはじまりの素子である真空管を、歴史的な視点からまとめた書籍です。
よくある真空管の工作記事ではなく、あくまで本書は歴史書として100年程度の時間しかたっていないけれど、今日の文明の礎となった本当に大切なデバイス「真空管」をじっくりと纏めてあります。
 とても美しい写真集のような真空管の歴史書なら国内の出版物でありますが、いい意味での教科書のように歴史的視点から見た書籍は国内には無く海外で名著と呼ばれるものの邦訳版です。

 使用されている図版は当然原著のものですので、国内出版物とはちょっと違う雰囲気の読み物として。
また真空管技術の総覧としていかがでしょうか?


著者:ジョン・W・トークス
訳者:斎藤一郎
発行:株式会社誠文堂新光社
題名:真空管70年の歩み 真空管の誕生から黄金期まで
価格:3570円(税込み)



文:近藤

トラックバックURL

日本の夏、シリコンの夏。 今年も入荷「蚊取りラケット」またまた高性能特価ケーブル