2006年07月09日

続報!大反響「プチロボ」情報

自作ロボット素材キット
「プチロボ ロボットの素」

私が欲しかったロボットを形にしてみました。
・出来るだけ安価で、気軽に製作を楽しめるロボット。
・カスタマイズ・加工が楽で、イメージしたものを形にしやすいロボット。
・ちいさく持ち運べていつでもどこでも楽しめるロボット。
・小学生から大人まで誰でも一緒に楽しめるロボット。

●●●これまでのロボット●●●
々皺舛任△襦
 本格的なものは10万円前後の値段がついている。
大きい。
 二足歩行ロボットの格闘大会ROBO-ONEに出場できるほどの性能は家庭向けには
 オーバースペックだった。
カスタマイズが難しい。
 モーターが高スペックなため、それを保持するための金属フレームの加工には
 専用の工具が必要で、一般家庭、とくに小さな子供には手が出せなった。
に阿が早い。
 ROBO-ONEなどの大会に出ている人以外は、一度作ったらそれっきりで継続的に
 楽しめない。
その理由として
 ,旅皺舛任△襪海函もし遊んでいて壊してしまうことを考えると、気楽に
  動かせない。
 △梁腓いことも原因。大きさに加え、重量があるため例えばパソコンデスクの
  上で動かしたり、モーション作成ができない。
 のカスタマイズの難しさ。既製品は誰が作っても基本同じ結果しか出ない。
  自分オリジナルにしたくても加工が難しい。

○○○プチロボ○○○
“羈單安価である。
 可能な限り安くご提供させていただくために、キットには必要最低限のものしか
 含めることが出来ませんでした。ですが、返ってその事(なにも含まれていない
 こと)により自由な発想で、世界でたったひとつだけのオリジナルロボットが
 作れるようになったと思います。今後も更に安価にできるよう努力していきます。
⊂さい。
 使用しているサーボモータもひとつ8gと超小型ですが、スピード0.12sec/60°
 トルク1.3kg/cmと必要十分な性能を持っています。ですので想像以上に機敏な
 動きを再現することができます。また、小さいのでパソコンデスクの上で
 マウスパッド程度のスペースがあればモーションを作成することができます。
 「ロボットハンガー」なんて当然不要です。
カスタマイズが簡単。
 素材は選びません。割り箸。段ボール箱。牛乳パック。小学生の夏休みの工作
 レベルでロボットがつくれます。アルミ板を使う場合も1mm程度もあれば十分な
 強度がありますので、高価な工具がなくても簡単な工具で折り曲げや切り取り
 作業が行えます。
に阿にくい。
 既製品と違い、自分で考え、自分で作った「世界にひとつだけのロボット」に
 対する愛着はなにものにも代えがたいもの。想像次第でどんな形のロボットにも
 なります。ひとつロボットを完成させることができれば、イメージはどんどん
 膨らみあれこれと作ってみたくなることでしょう。またそれを気軽に実現できる
 価格の安さ・加工の簡単さは見逃せません。知識がなくても簡単に加工できる
 ため、「カット&トライ」方式で自分のイメージを形にしていくことにより教科書
から学んだ机上の理論ではなく、実体験から得た経験により、自然とロボットに
 関する知識を身に付けることができるでしょう。

※ロボット経験者の皆様へ
知識も技術もある皆様でしたら、私がどうしてプチロボを必要としたのか、すぐに
わかっていただけるのではないかと思います。そして、是非アナタにもこのロボット
作りに参加していただきたい。技術を持った大人が本気で作ると「プチロボ」でも
これだけのことができるんだということを子供たちに見せつけてやっていただきたい
のです。電子部品屋からの勝手なお願いではありますが、共立がこの先も営業を続け
ていくためにも、子供たちのの理科ばなれ、技術者ばなれをなんとか食い止めたいと
考えております。日本の子供たちに「ものづくり」の本当の楽しさを、エンジニアに
なることに「夢」を持たせてあげたい。それを手伝ってはいただけないでしょうか。
是非ともアナタ方のお力が必要なのです。よろしくお願いいたします。

※ロボット未経験の皆様へ
話題の「ロボット」ですが、このまま行くと単なる一時的ブームで終わるかも
しれません。ですが、自分で考えて作るものづくりの楽しさは永久になくなりま
せん。ぜひ一度、皆様もその楽しさを体験していただければと思います。
ただ「プチロボ」には本当に必要最小限の機能しか備わっておりません。自分で
バランスを取って歩いたり、目の前にあるものを認識して追っかけることはできま
せん。それよりもなによりも、パソコンに接続しないと動かすことすらできないの
です。
ロボットの形だけが完成してもそのままでは動きません。動かすためにはモーション
(動作)を作る(どの部分のモーターをどれだけ動かすのかを決める)必要があり
ます。これは今売っている高価なロボットでも同じで、ロボット作りにおいては組み
立てよりもこのモーション作りが占める割合のほうが大きいのです。少し大げさに
思われるかも知れませんが、組み立て2:モーション作り8ぐらいの割合で考えて
いただいても良いくらいです。このモーション作成には最新のパソコンは必要あり
ませんが5年くらい前に発売されたパソコン程度のスペックは必要です。ロボットを
購入する前に必ずパソコンをご用意ください。また、ロボットとパソコンを接続する
のに9Pのシリアルポートを使用しますが、特に最新のノートパソコンをお使いの
場合、この端子がついていないことがあります。その場合は別途「USB-シリアル変換
ケーブル」が必要となりますのであらかじめご了承ください。

※ロボットは興味あるが、「安物ではなく本格的なものを」とお考え中の皆様へ
むしろ「プチロボ」はアナタ向けだといえます。既製品のロボットは何も考えずとも
説明書どおり組み立てることで中学生でも簡単に作ることができます。「10万円も
出したのに結構あっけないなぁ」と思うかも知れません。ただ、「未経験の皆様へ」
で述べたとおり、ロボット作りで一番重要なのはモーション作成です。初めて作った
ロボットで17軸全ての制御をすることは例え教示機能があったとしても容易では
ありません。「プチロボ」には9軸しかありませんが、自分であれこれと試行錯誤して
作ることにより、自然とロボットの原理が身についているはずです。それから10万円
のロボットを作ってみるとその完成度の高さに驚くことでしょう。「あぁ、なる
ほど。だからこの部分はこうなっているのか。」こんな感想は説明書を見ながら組み
立てただけではなかなか出てこないでしょう。(実際、私は感動しました。)
ですから、そんなアナタにこそ作っていただきたいのが「プチロボ」なのです。

「プチロボ ロボットの素」セット内容
プチロボセット内容







・サーボモーター×9軸
・サーボホーン各4種類×9セット
・CPUボード×1枚
・232C接続ケーブル×1本
・ホーン取付け丸型両面テープ×30枚
・専用パーツケース×1個
・電池ボックス(単4×4)×1個
・詳細な説明書なし(専用ホームページにて公開)
・専用ソフトウェア(専用ホームページにてダウンロード)
 説明書・ソフトウェアはネット環境のない方向けにCD-ROMにてオプション販売

servo





発売日:8月初旬 シリコンハウス店頭・エレショップ(通販)にて
    先行モニター販売を開始!予約受付などは今現在行っておりません。

プチロボ板



また、モニター販売期間限定で期間中にシリコンハウス店頭にてお買い上げ
いただいたお客様全員に、「プチロボ」デモ機でも使用しております、基板と
追加パーツ用のアルミ板×10枚をプレゼントも企画しております。

情報は随時こちらのブログもしくはホームページにてお知らせいたしますので
欠かさずチェックしてください。この夏シリコンハウス共立から目が放せません!

以上の内容は予定であり予告なく変更する場合もございますのでご了承ください。

P.S.
「プチロボ」ホームページにて公開されているロボットたちは全て両面テープを使用して
作成しました。アルミ板は追加パーツとしてオプション販売を予定しております。
足に使われている基板は、製造中止のため残ってしまった基板を使用しています。
デモ用のロボットはどれもコンセプトモデルですので(特にティッシュ箱ロボ)
実際に全てが二足歩行可能なわけではありません。が、動画の最後にあるおまけ
「習字」につきましては試作で作ったロボットアームで実際に再現したものです。

また、「プチロボ」の発表以降、大きな反響をいただいており、企画した者として
嬉しい限りでございます。ありがとうございます。ただ、この「プチロボ」はこれ
までに無いタイプのロボットキットのため、よりわかり易くとの思いで、安直に
流行の「二足歩行タイプ」をデモの前面に押し出したことを今、後悔しております。
ご理解いただきたいのはこの「プチロボ」は決して「二足歩行ロボットキット」では
ないこと。いろいろな制約があり、とくに小さな子供たちには難しかったロボット
製作の敷居を可能な限り下げたいとの思いで企画した商品であります。

1) 気軽に単なる思いつきだけでロボットが作れてしまうような
2) (二足歩行など)お決まりの枠に捕らわれずに、自由な発想を形にできる
3) 技術や知識がなくてもチャレンジできる
4) こどもたちに「なーんだ。ロボットってかんたんなんだ。」と思ってもらえる

そんなコンセプトの「ロボットキット」であることをご理解いただければ幸いで
あります。

<担当:則武>

siliconhouse at 12:42│TrackBack(0)プチロボ 

トラックバックURL