2006年09月28日

コンタクトピン圧着のススメ

先日紹介しました精密圧着ペンチPA-09ですが、初回入荷分10本がわずか4日で売り切れました。
なかなか好調な滑り出しです。

さて今回はそんなオープンバレル用圧着ペンチの使い方をご紹介したいと思います。


〜基礎知識編〜

オープンバレル端子達
左がオープンバレル型と呼ばれるコンタクトピンです。
圧着部分が開いています。
つまり円筒(Barrel)が開いて(Open)いるので、オープンバレルと言う訳です。

日本圧着端子やAMP、molexなど、多くのメーカーがこのタイプのコンタクトピンを製造しています。
写真はその中のごく一部。当店だけでも約50種類のコンタクトピンを取り扱っております。



オープンバレルサンプル
さてこのオープンバレル型のコンタクトピンですが、一般に圧着箇所が2箇所ございます。
真ん中が被覆を剥いた銅線を、根元が被覆を被ったままの銅線を圧着する部分です。
メーカー純正の工具でなら2箇所同時に圧着することができるのですが、コンタクトピンごとに大きさや圧着する箇所の間隔がまちまちなのでほとんど使い回しがききません。しかも高価です。
圧着精度や施工の容易さは圧倒的に良いのですが・・・




その悩みを解消したのが先日紹介したPA-09であり、HOZANのP-706なのです。




PA-09ダイス(開口)
どこが違うかと言うと、2箇所ある圧着部分を別々に圧着するようにできています。
これにより圧着箇所の大きさがどうであれ、間隔がどうであれ全く気にすることなくあらゆるタイプのコンタクトピンを圧着することができるわけです。







では実際に圧着してみましょう。



〜実際に圧着編〜

まずコードの被覆を剥きます。
剥き代はコンタクトピンによって違うのですが、コネクタの端子間ピッチを一つの目安にするといいでしょう。
例えば2.5mmピッチコネクタなら2.5mm、1.25mmピッチコネクタなら1.25mmというように。
よく判らない時は銅線を圧着する部分の長さを測ってそれに合わせるのが一番確実です。

端子にコードをセット1
次にコンタクトピンにコードをセットします。
写真のようにそれぞれ圧着する部分が合うように置いてください。

セットしたらダイスに乗せます。
乗せる場所は使用するコードによって変わるのですが、ダイスの底部が圧着部の幅と同じところがよいでしょう。
コンタクトピンが小さい場合、保持するのが大変ですが頑張ってください。



ダイスにピンをセット
まず銅線のほうから圧着します。
ダイスのM字になった部分がコンタクトピンの開いた側に来るように乗せます。
上手く乗ったらずれないうちに握りこみます。あまり強く握るとコンタクトピンがひしゃげてしまいますのでご注意を。
一度圧着してみてゆるいようでしたらもう一つ小さいダイスで握りなおすとしっかり圧着できます。




銅線圧着後
圧着後の写真です。断面が源氏パイのような形になっています。










ダイスに根元を乗せる
続いて被覆部を圧着します。
やり方は上と同じです。
先に内側を圧着している為、ダイスに乗せるのが楽です。







圧着完了
圧着完了。
コンタクトピンの羽が被覆にしっかり食い込んでいる為、抜けにくくなっています。








ピンをコネクタに差し込む
後はコネクタに差し込めば作業終了です。
ロックが掛かってカチリと音がするまで差し込んでください。
使用するコードの太さや圧着のしかたによって入りにくい場合があります。そういう時は圧着ペンチの先で軽く握って形を整えてください。





任務完了

以上、オープンバレル型コンタクトピンの圧着講座でした。

上記の内容を簡潔にまとめた『コンタクトピン圧着のススメ』を10月1日より店頭にて無料配布いたします。
興味がありましたらぜひ店頭へお越しください。
心よりお待ちしております。


<記事:伊東>


通販ご希望の方は共立エレショップへどうぞ!
圧着ペンチ

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 覚醒  [ 地質時代 ]   2007年05月26日 13:51
ついにヤツが目覚める時が来た。 幾つかのミッションをこなしては来たが、 暇つぶしにもならないようなモノばかり、 だが、今度の標的は違う。 さあ、目覚めよ。本領を発揮する時が到来した!!! ガオ~。 …。 ええ~っとですね、ようするにPA-09を買ったけど、買っ....

この記事へのコメント

1. Posted by nora   2006年12月04日 18:45
HOZANによるP-706のムービーによる解説なんて何の役にも立たなかった。
今回の解説を見てこの圧着工具の全体像が見えてきた。
それにしても、この手の工具は、わかりにくくて使いづらくて、さらに高価だから、購入するのをひかえてしまう傾向があるようだ。安物じゃ使い物にならないし。
2. Posted by 和田義盛   2007年06月21日 23:49
初めまして
自動車のメーター裏のハーネス・コネクタに使用されているコンタクトピンを探しています。
ディーラーではコンタクトピン単体での扱いがなく困っております。
ダイハツ アトレー(S220G)のメーターに使用されている物ですが、目視で長さ約23弌Ε團麌約1,5mmの物です。
御社に扱いはありますでしょうか。
扱いがあれば、1本のみでも宜しいでしょうか。
また値段も教えて下さい。