タカチ尽くしで、新ケース紹介お花見シーズンに最適!!

2007年02月17日

ズバット参上、ズバットストリップ

圧着端子の加工の際、最も面倒なのは実は電線のストリップ作業なのです。
単純に被覆を剥くだけならニッパーやカッターでも十分なのですが、剥きしろを揃えるのは不器用な人間には難しいものです。
ヘタにやるとコネクタにコンタクトピンを差し込んだ際、片方の電線がたるんでしまって、とても不恰好な仕上りになってしまします。

YS-1圧着失敗


そんな問題をズバット解決するのがこちらの商品。

YS-1本体

goot製ワイヤーストリッパー『YS-1』です。

使い方はいたってシンプル。
ケーブルを噛ませて

YS-1噛ませテ

握る!

YS-1握る!

お見事!ワンアクションでストリップ完了。

YS-1キレイに剥けました

『切る』というより『引きちぎる』という具合にストリップするので切り口はキレイではありませんが、剥きしろはきれいにそろっています。
あとはコンタクトピンを圧着して、コネクタに差し込めば

YS-1大成功

あらキレイ。不器用な私でもピンをそろえて加工が出来ちゃいました。

こんな感じで平行線をそろえてストリップするのに便利な『YS-1』。
より線なら最大5.5SQまでストリップ出来ますし、10芯フラットケーブルをまとめてストリップすることも出来ます。
ただし切り口はキレイではありませんが。

YS-1で5.5SQを剥くYS-1でフラットケーブルを剥く



そしてご注意。
このストリッパーは単芯線や平行線には強いのですが、いわゆるケーブル類のストリップは苦手です。と言うか、メーカー保証外です。
マイクコードや電源用のキャブタイヤケーブルを試しにストリップしてみましたが、物によってはシールドを傷付けたり、内部コードの被覆を傷つける場合がありました。
もちろんキレイにシースだけ剥ける場合もありますが、そのあたりの使用は自己責任でお願い致します。

YS-1破損例1YS-1破損例2



さて、そんな不器用な私のオススメ簡単ストリッパー。気になるお値段は3192円。
多少割高に感じるかもしれませんが、サーボ用の平行コードを1本づつ剥く手間がワンアクションで済むことを考えれば安いものです。
店頭にデモ機をご用意しておりますので、使用感を確かめたい方は店員までお申し付け下さい。

・goot ワイヤーストリッパー YS-1 \3192-

<記事:伊東>
※現在この商品の取り扱いはございません。
 エンジニア製で同等品がございますのでそちらをお買い求めください。

トラックバックURL

タカチ尽くしで、新ケース紹介お花見シーズンに最適!!