新商品と特価品と心強さと加工済みアンプケースキット SK-AMPCASE

2007年08月04日

5C−FBに使ってみる

ラジオでは夏休み電話子ども相談室が大盛況です。
それじゃここでちょっとした疑問を解決してみることにしました。それは、

「アンテナの5C−FB線に普通のアンテナ接栓は使えるのか?」

まずこの実験の前に5C−FB用の接栓がありますので普通に使う場合はそちらを強くおすすめします。
5C-FB用 \300- S-5C-FB用 \315-
でもコンタクトピンをつけるのがまどろこしかったりするんですよね。


それでは今回用意したのは5C−FB線(左)と衛星放送など用に特化されたS-5C-FB(右)。
FBのん1  FBのん2


で、さっそくこれらに5C用の接栓を挿入してみます・・・・!


・・・が、固いっ!!
固すぎて奥まで挿入できません。
FBのん3
だいたいこのあたりくらいで詰まります。さすがは発泡ポリエチレン。

というわけで普通のFB用接栓をおすすめしますね、これは。




・・・ですが、このまま途中であきらめるのもよくないし、よくばあちゃんが言ってましたよね。
「力こそパワーッ」
だと、

と、言うわけでかなりがんばった結果・・・

FBのん4  FBのん5

一応入りました。。。

上がスリーブ圧着前、下が圧着後。
妙なもっこり感がありますが圧着してしまえばどうというわけありません。

普通の接栓なので当然芯線剥き出しです。
FBのん6


最後に気になるのが壁側に入るかどうか。
ジャック側には入りましたので一応は使えそうです。
FBのん7


あとは自宅のテレビでお試しあれ。


結論!
できるにはできたがかなりの力作業になりました。
使ったパワーの割に得られた効果はほとんどゼロです。
まあこの貴重な力仕事はプライスレスということで、

やはりFB用コネクタを使うことをオススメします。


<マスダ>


トラックバックURL

新商品と特価品と心強さと加工済みアンプケースキット SK-AMPCASE