『KESTER 44』 はじめました。ハイパーモードなプラグ

2007年11月21日

どこに使うの?

以前から扱ってそうで、実は扱っていなかった中継プラグ、入荷致しました!

ATL4C30M本体

6.3φモノラルプラグ ⇔ 6.3φモノラルプラグ

メーカーはオーディオテクニカ、日本製です。
さて、どのような所で使うのかと申しますと・・・・・・・

ATL4C30Mジョイント前

やはりコレでしょう。
小型エフェクターの連結、この使い方が一番多いのではないでしょうか。
というよりこれ以外に使い方があるのかというぐらいですね。
パッチケーブルでつないだらいいじゃないか、とお思いの方。
ケーブルでつなぐとプラグ2つ分の隙間がどうしてもできてしまいます。
がっ!!この中継プラグを差し込むとなんと、

ATL4C30Mジョイント後

世界最短距離!・・・・・とは言い過ぎましたが、見事な隙間っぷりです。
エフェクターボード等、スペースが限られている中で並べるときには重宝することでしょう。
又、ケーブルを使わないのでケーブルの断線等によるトラブルも回避できるでしょう。

使用する際の注意点をあげておきます。
エフェクターのジャックの取り付け位置(特に高さ)が同じである必要があります。
高さが同じでもジャックの取り付け角度が斜めになっていると相互に挿せません。

ATL4C30M段違いATL4C30M浮いている

さて、ここでちょっと特殊な使い方をしてみます。
世の中広いですので既にやられてる方もおられるかと思いますが。

ATL4C30Mギター01ATL4C30Mギター02

連結してあるのは近日発売予定のミニアンプキットですが、これによりあの有名なゾ○さんギターのように本体から音が鳴ってるような感じが楽しめます。
これはかなり楽しいです。私は楽しみました。

※接点部分に多少なりとも負担がかかりますのであまり重たいものを連結させたり、その状態で振り回したり飛び跳ねたり、くれぐれもしないで下さい。
試みる場合は自己責任でお願いします。


そんなテクニカな中継プラグ(型式ATL4C30M)は1階、4階にて¥470−にて販売しております。

・audio-technica ATL4C30M ¥470-

<記事:平田>

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ギターマン   2007年11月26日 08:29
自作エフェクター通販にて御社を知ってからこのブログも見ています。この前初めて店舗にも伺ったのですがもっと音楽関係のコーナーが小さくてちょっとガッカリ。もっとギター用の電気回路系の改造パーツ(コンデンサーやポッド)とか充実させて欲しいなあ。
2. Posted by 平田@シリコンハウス   2007年11月27日 16:45
ギターマン様

コメント有難うございます。
音楽関係のコーナーを設けましたのは最近のことでして、弊社としてもできる限りパーツの種類等も増やしていきたいと思っております。

随時ブログ等で紹介もしていきますので、今後とも宜しくお願いします。
『KESTER 44』 はじめました。ハイパーモードなプラグ