〜プラ板工作への誘い その二〜(全4回予定)ゴム足増量しました。

2008年02月20日

連載「アルミケースを塗装してみよう!」第2回 -下地塗装 -

さて、前回は下地塗装の前段階、研磨まで進みました。
前回終了時点はここまで。

研磨後、比較






今回は、更に本塗装で塗料の食い付きを良くする為に、下地にメタル・プライマー(サーフェイサーとも呼ばれています)を塗装します。
そんなもん、塗らんでもええで!って方もいらっしゃいますが、一応念には念を…というわけで塗っておきます。
クリアのプライマーを使ってみましたが、白色や灰色も販売されています。白色を使うと、出来上がり時の発色が良くなります。

■脱脂処理
まずは、表面の油分を除去する為の脱脂を行います。
油分が残ると、表面に塗料が定着し難くなります。
私は、ブレーキクリーナで行いましたが、シンナー等でもOKです。

※シンナー等を使う時は換気・火気に注意してください。

■メタル・プライマー塗装
まずは、コネクタ部分を裏側からマスキング。ケースをグランドに使用する為に、マスキングしておいた方が後で困りません。
市販のマスキングテープを使用します。

で、適当な台にガムテープで固定。(今回はビール缶を使いました)
塗装する面にガムテープが付かない様、注意してください。
これで塗装準備は完了です。

換気の良く、周りに塗料が付かない場所でスプレーします。
30cm位離して、サッサッ…と、薄く薄く塗り重ねします。垂れないように注意して下さい。
サッサッ→乾燥→サッサッ→乾燥の繰り返しです。3回から5回塗り重ねしておきます。
よく乾燥させて、下地塗装の完了です!手の油が付着してしまうので、出来る限り塗装面に触らないようにして下さい。

プライマー塗装済み







一応、塗った後ですが…プライマーが透明なので、前回とあんまり変わらない気がします。

次回は本塗装です!

<担当:入江>

第1回目はコチラ


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 和田   2008年03月25日 17:06
4 塗装の後工程を楽しみにしています。
第3回目の掲載をお願いします。
2. Posted by 入江@シリコンハウス   2008年03月25日 19:46
>和田様
リクエストありがとうございます。
3回目の掲載に向けて作業を進めておりますが、気温やら天候やらに邪魔をされて、停滞しておりました。
近日中に続きを掲載致しますので、もうしばらくお待ち下さい。
〜プラ板工作への誘い その二〜(全4回予定)ゴム足増量しました。