閃光LEDテクノベースにて中古計測器販売開始

2008年04月02日

モガミックス

※今日はマジメな商品紹介です。

モガミ電線の高品質マイクケーブル「2534」、いつの間にか入荷しております!
高品質=高価、ではございません。¥200/mですので決して高価とは言えないでしょう。
以前から何度かお問い合わせ頂いていたり、私個人的にも気になっていたケーブルなのであります。

2534ケーブル

2534の簡単な仕様です。
   芯数:4
芯線形状:より線 24AWG(0.226SQ)
絶縁体材:XLPE(架橋ポリエチレン)
外被覆材:PVC(ポリ塩化ビニル)
   外径:6.0φ

一部の間ではベルデン8412に匹敵する、という声もあがっております。
そんな素敵なケーブル「2534」を解剖してみましょう。

2534剥き012534剥き02

外被覆→横巻シールド線→絶縁体→芯線→エスカ……っ!?
光ファイバーエスカが中心に入って………る……わけありませんでした。
ナイロン線か何かだと思いますが、四本の芯線をうまくツイストさせるための軸の役割をしているのだと思います。

さてこの「2534」はマイクケーブルとして主にキャノンコネクタに接続するのが一般的な使い方だとは思いますが、今回はあえてエレキ楽器用としてモノラルフォーンプラグに接続してみたいと思います。
芯線が四本あるのでどれをどう繋ぐか迷いました。
そして10秒間ぐらい悩みに悩み抜いた末、二芯を信号、残り二芯をシールドとまとめてグランドへ繋ぐという誰もが思いつきそうな繋ぎ方にする事にしました。

2534ハンダ処理

どりゃっ

2534完成ケーブル2534完成ケーブル先っちょ

プラグはいつものノイトリックNP2Xで。

製作過程は省略しましたが実は結構大変でした。
なんと言っても私はワイヤーストリッパーといったハイテクな工具を持っておりません。
いつもはカッターナイフやニッパーでケーブル被覆を剥くのですが、芯線被覆の架橋ポリエチレンが今回くせ者でした。熱には強いのでハンダ付けの際には良いのですが、硬めの材質で芯線と密着しているのでニッパーでやろうとしても上手く剥けない、カッターで切れ目を入れるやり方だと芯線の何本かが犠牲になってしまいます。いや、というよりこれは私のテクニック不足が原因の部分もあるのでしょう。自分不器用ですから。
そういう訳でテクニックに自信のない方はワイヤーストリッパーを思い切って購入されることをお勧めします。作業効率も上がります。

少し話がそれてしまいましたが、そうして完成したケーブルを試してみました。
なるほど、8412に匹敵するというのも分かる気がします。
が、機械的な強度でいえば8412に軍配があがりそうです。
2534は荒い使い方をすれば割とすぐに形がくずれてしまいそうです。まぁくたびれても巻くときに巻きにくくなったりするだけで問題なく使えるのですが、せめてモガミ2524ギターケーブルみたいに導電ビニル層でも入っていればなぁ、というのが私の感想です。
2534はそもそも楽器用ケーブルではないので仕方ないのでしょうけども。

しかしながら「横巻きシールドなので物理的に音質が良い」とはメーカーカタログでの商品説明ですが、なんて斬新な表現なんでしょう!
主観に頼らざるを得ない「音質」を「物理的に良い」と言い切れるのですから。もはや私など足下にも及びません。

モガミ電線のケーブルは私個人的には一押しです。
他のメーカーで例えばベルデンのケーブルと比べると価格だけで見れば安っぽく感じてしまうかもしれませんが、ベルデンも関税やら輸送費やら色々と掛かってますので実質はそこまで変わらないと思います。

だらだらと長文失礼致しましたが、やはり実際にモノを試して頂いて判断して頂ければこれ幸いでございます。

2534店頭

・モガミ 4芯シールドケーブル 2534 ¥200/m

<記事:平田>

共立エレショップにも登録しましたので通販ご希望の方は
ご利用ください。
モガミ 4芯シールドケーブル 2534

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. MOGAMI2524「ストラトでブルース」  [ 中嶋弘がギタリストだということを忘れるな ]   2009年01月26日 22:08
mogami#2524というギターケーブル。僕もずっと使ってるけどホントは…
閃光LEDテクノベースにて中古計測器販売開始