2008年06月16日

素人にはオススメ出来ない

世の中は不思議に満ち満ちております。
私は未だに飛行機のような鉄の塊が飛ぶ事が信じられませんし、テレビがどういう原理で映るのかも理解出来ていません。
今回ご紹介致します商品も、なぜちゃんと作用するのか今ひとつ理解出来ない商品です。

それがこちら。

RCAtoS本体StoRCA本体

コンポジット端子(以下RCA)とS端子の変換アダプタです。

そもそもS端子と言うのはRCAに流れる映像信号を輝度信号(Y)と色信号(C)に分けて伝送しています。
S端子からRCAに変換するにはS端子に流れる2つの信号を混ぜるだけで良いので話は簡単なのですが、RCAをS端子に変換するには本来信号を分ける必要があります。
例えるならカフェオレのようなもので、コーヒーとミルクを混ぜればカフェオレにはなるが、カフェオレからコーヒーとミルクを分離することが、果たして簡単に出来るものなのか、と言う事です。

それをこんな小さなアダプタで出来るとは考えられず、S端子からRCAへ変換するこのアダプタが本当に機能するのか疑問で仕方有りませんでした。
ちなみに下の画像はメーカーサイトで公開されている内部の回路図です。

回路図

一応フィルターらしき回路が入っているようですが・・・・

まぁ論より証拠。
実際に実験してみましたのでご覧ください。

ちなみに実験環境は、出力が2007年SONY製HDDレコーダー。モニターは2007年SHARP製液晶テレビです。
ブラウン管のテレビで同じように映るかは保証出来ませんのでご了承下さい。

まずはおなじみRCA。
RCA画像
ビデオ用端子としては最も馴染みが深く、一般的です。

続いてS端子。
S画像
最近ではD端子やHDMI端子に取って代わられた感がありますが、やはりRCAよりはキレイです。

で、問題のRCAからS端子へ変換した映像。
RCAtoS画像
明らかにノイズがのってます。
画面いっぱいに細かな市松模様が浮き出ております。
ハッキリ言ってRCAそのままの方がよほどキレイです。
しかしちゃんとカラーで写っています。使える事は使えるようです。

ちなみにS端子をRCAに変換した映像。
StoRCA画像
S端子並みにキレイです。
普通のRCAよりはきれいに映りました。
もしも出力側にS端子があり、入力側にRCAしかない場合は、このS−RCA変換アダプタを使用した方がキレイに映るのではないかと思われます。

で、最後にHDMI。
HDMI画像
圧倒的です。
画面のシャープさが全然違いますね。
ホント、一度HDMIに慣れたらもう戻れませんよ。

そんなこんなで検証終わり。
結論はHDMI最高って事で。

ちなみにS端子RCA変換アダプタのお値段は、どちらも315円でございます。
S−RCA変換はともかくとして、RCA−S変換は正直オススメ出来ません。普通にRCAで見た方がキレイです。画面にエフェクト掛けたいとかって言う用途には使えるかもしれませんが。

オススメ出来ない

・COMON S端子toRCA変換アダプタ 4S-R ¥315-
・COMON RCAtoS端子変換アダプタ R-4S ¥315-

<記事:伊東>

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by リュウ ガン   2010年11月22日 10:27
伊東様m

申し訳ありません、質問を聞きたい。
VIDEO変換の時に(ケーブルでS端子からRCAへ 変換)、映像の色が黒白のになった。
その原因と解決方法が教えていただきませんか。
2. Posted by ひでっくん   2016年02月24日 19:00
これはどちらも、「S→RCA」にダウンさせるものだと思いますよ。
手持ちのケーブルがSケーブルならば、Sメス↔︎RCAオス変換プラグ。
手持ちのケーブルがRCAならば、RCAメス↔︎Sオス変換プラグ。

そういう事だと思います〜