滑りまくりな素材って…インバートインバート

2009年01月11日

USBもA型社会

さて、なんでしょう?

上から見た図ひっくり返して見た図

はい、見ての通り、USBのAタイプ基板用L型でございます。
何で今更こんな物を?とお思いのお客様、もう一度写真をよく見て下さい。
なんとこれ、プラグの基板付けタイプなんです。
今までソケットの基板付けはいろんな所で見たかと思いますが、今回ご紹介しますのはプラグの基板付けタイプでございます。

そんな物何に使うんだ?と思われる向きもあるかと思いますが、USB接続の自作基板を作る際に重宝致します。
コレまでソケットを基板にのせ、ケーブル接続していた物が、基板にプラグをのせることによりUSBメモリのように直接基板をパソコンに挿すことが出来る訳です。

基板に実装して見た図

ちなみにこのコネクタ、端子間ピッチが端から2.5mm、2mm、2.5mmと少し特殊な配置になっています。

端子間ピッチが一定でない図

が、少し頑張るだけでユニバーサル基板に実装することが出来ます。

ハンダ付け部分を拡大した図表側をきわどい角度で見た図

細いドリルなりピンバイスなりがあれば加工が簡単ですが、無くても何とかなるモンです。
知恵と勇気で切り抜けて下さい。

気になるお値段は125円。自作基板に実験用に、はたまた補修用にと色々お使いいただけます。
ソケット共々宜しくお願い致します。

店頭で売ってるの図

・ROC USBプラグ(Aタイプ)基板付L型
       JS-UB20PFDR1-04 ¥125-

こちらの商品が買える通信販売サイトはこちら
http://www.siliconhouse.jp/blog/order.html

<記事:伊東>

トラックバックURL

滑りまくりな素材って…インバートインバート