一度にまとめてご紹介ピンセットの兄貴分

2009年04月08日

ヘアーとドライヤーとチューブ

収縮チューブ売場でござい

さて、熱収縮チューブでございます。

このチューブに関してよく聞く質問の中に、
『ドライヤーでも収縮しますよね?』
と言う物があります。

当店の熱収縮チューブの多くは『スミチューブC』という商品でして、このチューブの収縮温度は『90℃以上』となっており、比較的低温で収縮する商品です。
ヘアドライヤーも100℃以上の温風が出ているようですが、果たしてどこまで収縮する物なんでしょうか。

と言う訳で、やってみた。

用意したのはバーサフィットチューブ3Φと、スミチューブC12Φ透明と15Φ黒の三種類。
3本のチューブ
コレをヘアドライヤーと、専用工具のヒートガンでそれぞれ収縮させてみました。
ちなみに今回使用したヘアドライヤーは、某国内電機メーカー製の1200Wタイプ。マイナスイオンが出るのが売りの髪に優しいタイプです。
コレにノズルを付けたままチューブに密着させ、温風を送りました。

まずはバーサフィットチューブ3Φ。
マットな質感が人気の収縮チューブです。
このチューブもスミチューブCと同じく、収縮温度は90℃以上となっております。
で、↓がヘアドライヤーでの結果。
ドライヤーでやってみた>3Φ
下がヘアドライヤーで温めた物。
まぁまぁ収縮してるように見えますよね。
しかし・・・
ヒートガンでやってみた>3Φ
一番下がヒートガン使用の収縮チューブ。
やはり違いますね。
ヘアドライヤーでは充分に収縮していなかったことが見て取れます。

では続いてスミチューブC12Φ透明。
コレもヘアドライヤー使用から。
ヘアドライy(ry >12Φ
下がそれなんですけど、これは・・・
お世辞にも収縮してるとは言い難いですね。
ではヒートガン使用を並べてみます。
ヒートガn(ry >12Φ
圧倒的ですね。ここまで来ると違いも明白。
チューブが太くなるとチューブの肉厚も分厚くなりますので、12Φクラスとなるとヘアドライヤーくらいでは駄目のダメだめです。
断面を見るとよく判りますが、チューブの折り目が取れるくらいしか縮んでいません。
3つを横から見てみる

では最後にスミチューブ15Φ黒を。
もう見るまでもないと思うんですけどね。
ではヘアドライヤー使用から。
ヘアド(ry >15Φ
更に酷くなっております。
ではヒートガン使用も並べてみましょう。
ヒートg(ry >15Φ
この通りです。
断面もこんな感じ。
15Φの断面比べ

と言う訳で、結論としましては、『熱収縮チューブはヘアドライヤーでは充分に収縮しない』ッて事で。
今回それなりに縮んだ3Φ。それと同じ肉厚のチューブは概ね5Φまでですので、ヘアドライヤーでそれなりに縮むのは5Φまで。とお考えください。
それでも充分には縮みませんし、ムラも出てきます。
やはり餅は餅屋。熱収縮チューブにはヒートガンをお使いください。
ヒートガンは2階にて、販売しております。

2階で売ってます


さて、余談ですが。
収縮温度が90℃以上となると、一つの疑問が浮かんできます。

『果たして熱収縮チューブは熱湯で収縮するのだろうか。』

と言う訳で、やってみた。

まず用意したのは電気ポットで沸かした100℃の熱湯。
それとドライヤーではほとんど収縮しなかったスミチューブC12Φ透明。

まずマグカップに熱湯を注ぎ、
マグカップに熱湯を
チューブをドボン。
そこにチューブを突っ込みます
暫く放置して引き上げてみた。
あんまり縮んでない
あれ?あんまり縮んでない・・・

やはりマグカップに入れた時点でお湯の温度が下がっちゃって上手く行かないんですかね。
それならば。
電気ポットから直接チューブにお湯をタパタパかけてみた。
直接熱湯掛けてみた
大成功。
縮む速度はヒートガンよりも速かった気がします。

見事な縮み具合

と言う訳で、熱収縮チューブは100℃程度に温めてやれば簡単に縮むことが分かりました。
やはり温風を吹きかけるってのは、無駄が多いんでしょうね。
とは言え、実際に電子工作で『熱湯をぶっかける』なんて荒技使える訳もないんですけどね。

<記事:伊東>

共立エレショップにも登録しましたので、通販ご希望の方は
ご利用ください。
熱収縮チューブ専用検索
各種バーサフィットチューブ
防水収縮チューブ
各種ヒートガン


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by たぬ   2009年04月08日 19:00
5 昔、おふくろが竹の物干し竿に被せてヤカンでお湯掛けてたのを思い出しました^^;
2. Posted by 通りすがり   2009年04月08日 19:50
私は面倒なのでハンダごてをあてています。(でもニオイが・・・)
3. Posted by 別の通りすがり   2009年04月09日 11:30
ドライヤーでやる時は、ドライヤーの空気吸い込み口を少し手で蓋すると、内部の温度があがり、熱風の温度があがります。
そのうち、ドライヤーの、内部のサーモスタットがききだしたりします。
ドライヤーには、あまりやさしくないので、ドライヤーの寿命が短くなるおそれがあります。
4. Posted by トコ   2009年05月11日 13:18
熱収縮チューブで出来るだけ低温な物を捜していますがなかなか見つかりません。70度ぐの物が良いのですが、ドライヤーで収縮させると他の物に影響します。
この実験参考になりました。
一度試してみたいと思います。
5. Posted by ととろう   2009年10月24日 12:54
ライターで軽くあぶるのが早いです
6. Posted by wan   2009年11月02日 12:51
ヒートガン持ってるんですがあんまり使ってません・・・
野外で半田ごて使う必要があった時に買ったガス式半田ごてのアダプターにブロートーチが有り、もっぱらそれを使ってます。
大物には使い難いかもしれませんが径の小さい物だったらヒートガンよリ使いやすいと思いますよ。
7. Posted by jk   2012年01月19日 22:55
熱湯をかける、それだ!
大いなるヒント、ありがとうございました。
8. Posted by tm_speedy   2012年09月03日 16:41
私はもっぱらコテライザー使ってます。むろんホットブローで
9. Posted by     2012年12月28日 23:13
100円ライターであぶるだけでいいはずだが。
一度にまとめてご紹介ピンセットの兄貴分