USB⇔シリアルもこれで楽チン!MobileMate Micro 「Memory Card Reader」

2009年04月23日

「N-18、目標を切断する!」

シリコンハウスにおいて長く売れ筋であり、店員もお世話になった製品がついに世代交代を迎えることになりました。

そして新しく入ってきたのがこちら。
N-18全景
ケーブルカッター
メーカ:HOZAN
型番:N-18
価格:¥2,740-




旧製品は「N-14」という型番で、「N-18」は後継品となります。

せっかくなので旧商品と比較しながら新商品の紹介をしていきましょう。
写真は左が「N-18」、右が「N-14」となります。

N-18を開いてみる旧製品を開いてみる
N-18のほうはN-14に対して長さがだいぶ短くなっています。
そのせいか、N-18のほうは手の開きに対して刃先の開きも小さめになっているようです。

N-18を10cmほど開いてみた旧製品を10cmほど開いてみた
それぞれ手元で10cmほど広げて刃先の開きを見てみましょう。

N-18先端の開き具合旧製品の先端開き具合
実際に比べてみると大きな差ですが、開きが小さくなった分力を入れやすく、少し硬めのケーブルでもザックリ切れます。


では次に「切れ味」を見ていきましょう。

まずは工作をする人がよく使いそうなペンチやニッパなどの工具を用いて同軸ケーブルを切断した場合。
ペンチで同軸ケーブルを切ってみるペンチでの切り口
ご覧のように切り口が潰れてしまいました。というか写真左の状態で既に潰れています。
同軸ケーブルをこういう状態にしてしまうのは好ましくありません。
写真はペンチですが、ニッパを用いた場合でも同じように潰れることが多いです。

次に本職のケーブルカッターで同軸ケーブルを切断した場合。
N-18で同軸ケーブルを切ってみるN-18での切り口
スッパリ綺麗に切断されてます。
このような差が出る要因は刃先にあります。


N-18刃先その1N-18刃先その2
ペンチやニッパは上下の刃が対象物を押し切り、最終的に0距離になるのに対して、ケーブルカッターは刃を内側に湾曲させてケーブルを潰さないようにしつつ、両側から刃をすり合わせながら少しずつ切断していく方式になっています。
身近な物だと「ハサミ」が近いと思われます。


こんな感じで非常に使いやすいケーブルカッターですが、実は以前のN-14に比べて価格が下がっております。(¥3,025-→¥2,740-)
今回は同軸ケーブルで試しましたが、その他のどんなケーブルに対しても絶大な切れ味を発揮します。
サイズもコンパクトになり工具箱に1本あっても全然困らない1品です。
是非お試しください。



おまけ
巻き寿司盛り合わせ
色々試し切りしてるとこんな風に巻き寿司が沢山できてしまいました・・・。
スタッフがおいしくいただいたりはしてません。

担当:楠原

この商品がすぐ買えるシリコンハウスblog通販はこちら http://www.siliconhouse.jp/blog/order.html

トラックバックURL

USB⇔シリアルもこれで楽チン!MobileMate Micro 「Memory Card Reader」