あつっ!あつつ!あっ、つぁつぁ!!250円ズ

2009年06月12日

アバウトUSB

最近、面白いことがあんまり無いんですよねぇ。
そんな中シリコンハウス4階で少し盛り上がった新商品がございます。
それがコチラ。

見たまんまの商品です

片端切りっぱなしUSBケーブルでございます。
片方にUSBのA型プラグが付いておりまして、もう片端はブッシュがモールドされており、そこから電線が4本出ております。

ブッシュはモールドされてるので取れません

で、ちょっと不安になったんで切ってケーブルを剥いてみたんですよ。
そしたら案の定
剥いてみるとそこには衝撃の真実が!!
ただの4芯線でした。
シールドなんか影も形も・・・・怪談の季節にはちと早いですが、少し背筋が寒くなりました。
果たしてシールドもナシでちゃんとUSBケーブルとして使えるのだろうか・・・
もしかしたら我々はとんでもない欠陥品を掴まされたんじゃないだろうか・・・と。


で、やってみた。

切りっぱなしのところにUSBminiBプラグを付けまして、シリコンハウス4階で使っているマルチカードリーダライタ(バスパワー)をつなぎ、デジカメのデータを転送してみようと、そんな試みでございます。

miniBプラグも店頭にございます。いつもコレで写真取り込んでます

で、まぁ、結論から言うと、大勝利w
70ファイル120MBの画像データを十数秒でHDDに転送できました。ビックリです。

そこで気になったんで市販のUSBケーブルを剥いてみました。

カモン製のUSBケーブルです。

結論から言うとただの4芯シールド線でした。
4本の電線の周りにアルミラップシールド、その上に編組シールド、最後に外部シース、と言う構成でした。
今までUSBケーブルってのは信号用と電源用の電線は分けられてると思ってました。(実際以前調べたUSBケーブルはそうなってました)
しかし試してみたら信号と電源のコードを分けるでもなくシールドすらナシでちゃんと通信できちゃうんですから。
何と言うか、案外いい加減なモンなんですね。
まぁ今回試したのは長さ1mほどですし、ノイズも少ない環境でのことですから『USB2.0でも充分使えますよ!』とは言えませんが、それなりに遊べる商品なのではないかと思います。

気になるお値段は250円、長さは1mでございます。
電子工作系の雑誌にもUSBを使ったおまけ基板がちらほら付いていることですから、そんな基板に付けてみても面白いのではないかと思います。

店頭ひっそりと売ってます

ちなみにUSBのA型プラグとUSBminiBプラグのピンアサインは下図の通り。

結線ズでございます。

miniBの1と2の間にもう1本端子がありますが、コレはノンコネクション。
このUSBに関してはなかなか判りやすい結線図がないので、近いうちに判りやすい結線図を作りたいと思います。
期待せずにお待ち下さい。

・片端切りっぱなしUSBケーブル L-1m ¥250-

<記事:伊東>

この商品がすぐ買えるシリコンハウスblog通販はこちら http://www.siliconhouse.jp/blog/order.html

トラックバックURL

あつっ!あつつ!あっ、つぁつぁ!!250円ズ