250円ズフィジカル☆なのだ A's 〜曲げセンサ編〜

2009年06月14日

ショックが大きすぎて仕事にならない

昨夜日付が変わる頃にネットニュースで目にしまして。
正直、ショックが大きいです。
三沢光晴氏死去。
私がプロレスを好きになったきっかけは、四天王時代の三沢選手でした。
それまでプロレスと言えば猪木全盛時代の昭和のプロレスのイメージしかなかった私にとって、氏の展開する(正確に言うと全日本プロレスの)『明るく楽しく激しいプロレス』は衝撃的で、私はすぐに虜になりました。
その後格闘技全般に興味を持つのですが、その中でもやはり三沢光晴氏らの展開するプロレスを超える物は今の今まで見たことがありません。
90年代後半の四天王プロレスはプロレスの歴史においても頂点の一つであることは疑う余地もありません。
特に四天王時代の三冠王座決定戦では、解説の故ジャイアント馬場氏と共にテレビの前で涙したほどでした。
私にとってプロレス=三沢光晴でした。
多彩なエルボーに魅了され、対川田戦のエルボーの音に戦慄し、タイガードライバーで一緒に踏ん張って、フライングボディープレスの美しさに感嘆し、エルボースイシーダに大はしゃぎし・・・
いちいち上げていてはきりがありません。それほど私にとっては偉大な人でした。
それが、まさかこんな事になるとは・・・
プロレスラーはリング上で死ねれば本望とは言いますが、それでもその早すぎる死は残念でなりません。

と、まぁ長々と語ってしまいましたが、本日ご紹介する商品は、コチラの緑の商品です。

緑・・・緑ですよ・・・

はい、エンジニア製鉄腕ハサミ『PH-50』でございます。
カラーバリエーションの中になら『緑』は有るんですけど、単体で緑色の商品ってあんまり無いんですよねぇ。

まぁこの商品は以前も紹介しましたが、何と言っても最大の特徴はその切れ味。

対川田戦のエルボー並みの切れ味

その切れ味は三沢光晴氏の下ネタ・・・イヤイヤ、ウラカン・ラナに匹敵すると言われています。そこそこ太い電線もバッサリ切れますし、普通のハサミでは切りにくい繊維質もザックリ切れますし、薄いアルミ板やPET素材もサクサク切れますんで、電子工作はもとより台所でも大活躍できます。
シリコン4階でも現役バリバリで活躍中でございます。

生涯現役!いつまでも、いつまでも・・・

うむ、やはりショックが大きくてあまり言葉が出てきません。
お値段は1260円でございます。
エメラルドグリーンではありませんが、1本持っておいて損のない一品でございます。

三沢光晴選手のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

鉄腕ハサミには、いつでも会えるから・・・

<記事:伊東@誕生石はエメラルド>


通販ご希望の方は共立エレショップへどうぞ!
鉄腕ハサミ

トラックバックURL

250円ズフィジカル☆なのだ A's 〜曲げセンサ編〜