どっちかなんて選べないL(エル)は、なんのL?

2009年06月28日

へー、こうするんだね。

色々と使い勝手のよさそうなケーブルが入荷してまいりました!
2本平行シールド線ですよ断面ですよ
2本平行シールド線、SP-MVVS 7/0.12x2Cです。

剥いてみましたですよ
かなり細めの平行シールド線になります。
芯線は約0.08SQ(AWG28相当)、外径は1.6mmx3.2mmとなっております。

意外とないんですよね、こういうケーブル。
使うところに使えばかなり便利なケーブルなのです。
例えば……

ステレオミニプラグ − RCAプラグx2ステレオミニプラグ − RCAジャックx2

ステレオミニジャック − RCAジャックx2
ステレオミニとRCAの変換ケーブル。
市販でも割とあるのですが、欲しい長さがあまりなかったりします。

ステレオミニプラグ − モノラルミニプラグx2モノラルミニプラグ − モノラルミニプラグx2
他にもステレオミニとモノラルミニの変換やら、モノラルミニの分岐といった特殊なケーブルを作る時にも便利です。
別に平行シールド線でなくても、普通の2芯シールド線とか使えば良いんじゃない?と思われた方。
そんな貴方はきっと実際作られた事がない方か、相当のテクニシャンでしょう。

では試しに普通のシールド線で作ると何が難しいのか、下の写真のようなRCAの分岐ケーブルを普通の2芯シールド線で作ってみたいと思います。
RCAプラグ − RCAプラグx2

使うシールド線はこちら。
2芯シールド線
芯線2本の周りにシールド線が入っている、よく言う2芯シールド線とやらです。

こっちは簡単なんですが
RCAプラグが1個の方は全然問題ないのですが、もう片方の2個に分岐する側が……

分け分けしますシールド剥き出しやん
シールド線を半分ぐらいに分けてそれぞれの芯線と一緒にもっていきます。
でそれぞれ信号ラインとグランドをハンダ付けしますが、被覆がないのでこのままだとシールド線が剥き出しです。

収縮チューブでごまかす売り物には出来ないですね…
仕方がないので熱収縮チューブで保護しましたが、お世辞にも見たくれが良いとは言えませんね……。
元々の被覆がないので強度的にも不安です。
まぁこれでも使えるので、使えればいいって方は別にこれでも構わないのですが、2芯平行シールドで作った完成形もご覧ください。

これなら売れるかも?
どうでしょう、かなりそれっぽい雰囲気が出ていませんか?
ケーブルが少し細いので熱収縮チューブで少し太さを稼いでおります。
こういった変換ケーブル等を作る時にはこの2本平行シールド線が便利です。
是非お試し下さい!

その他にも、
基板の配線にもピッタリ
よくアンプのキット等で「シールド線を使って配線して下さい」とか説明書に書いてある事がありますが、そん

な時にも使いやすいケーブルです。

何かと便利な2本平行シールド線は4階ケーブル売り場にて、1m単位の切り売りで販売しております。


皆様のお越しお待ちしております!

・2本平行シールド線 SP-MVVS 7/0.12x2C ¥160-/m(10m以上で1割引き)

<記事:平田>

この商品がすぐ買えるシリコンハウスblog通販はこちら http://www.siliconhouse.jp/blog/order.html


トラックバックURL

どっちかなんて選べないL(エル)は、なんのL?