2009年08月02日

PC自作とシリコンハウス 第16回

今回は「意外にお得だった」商品のご紹介。

H-UL


ピン配列変換・延長ケーブル
メーカ:カモン
型番:H-UL
価格:¥180-
ケーブル長:約10cm






この商品を使うのはこんな場所。
マザー上1マザー上2
マザーボード上にはこんな風にヘッダピンが立っている所があって、組み立ての過程でここにコネクタを差し込むことでUSB入出力を外部へ引っ張り出したり、ケースのアクセスランプの電源だったりと色々な役割を持っています。

当然このヘッダピンの周りにも色んなコネクタがあって、マザーボード上は沢山のケーブルが這い回っていたりします。
そんな中でケーブルを挿す順番によっては、いざこのヘッダピンにコネクタを挿そうという段階になったときに指が入らないとか色々困ったこともあるわけです。

長くなりましたが、そんな時に便利なのが冒頭でご紹介した延長ケーブルだったりするわけです。
あらかじめ挿しておいて後々に楽をしましょう。
他にも、「ケース側のコネクタとマザーボード上のヘッダピンの配列が違う」といった場合に、配列を入れ替えるのに有効なケーブルです。


さて、そんな便利なケーブル。
袋から出してみるとこんな感じです。
8本入り
8本入っています。
そしてよく見ると、
先はいわゆるQIQIコネクタ
いわゆる当店取り扱いの「QIコネクタ」ですね。

となれば当然自作も可能。
作ってしまおう制作中
そんなわけでこのケーブルを作ってみたのだった。
ちなみにオス側には、正式対応はしてませんがEIコネクタのコンタクトピン「170429-1」を使用。

作った比較図
うむ、悪くない。

だが待ってほしい。
QIハウジング:¥15- x2個
オスメスコンタクトピン:各¥10- x2個
ケーブル:端材のため¥0-
1本あたり¥50-

H-ULのケーブル:¥180-で8本入り。1本あたり¥22.5-

おぃィ!
高くなってるじゃないか!

とはいえ、長さを自由に作れるのは自作の強み。
ですが「10cm程度で充分」という方には非常にお得なケーブルセットとなっております。

売場
4F売場にて。


担当:楠原

この商品がすぐ買えるシリコンハウスblog通販はこちら http://www.siliconhouse.jp/blog/order.html

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ] o   2011年06月05日 09:56
]_bX|bgRIBBochhlA[lI_jloI
2. Posted by 道端   2012年03月05日 13:42
3 フロントパネル用のピンヘッダにコネクタを取り付けるとビデオカードのカバーと少しばかり干渉するのですが、背の低いコネクタとかってないですよね。