Terror-Minという名のテルミンMUSIC OF NEW REFERENCE 2009 in KYOTO

2009年10月16日

つなぐぜコード!縮み上がるほどヒート!!

前置きナシでいきなり行きます。

さてなんでしょう?

さて、何でしょう。



正解は、絶縁被覆付の圧着スリーブでした。

圧着スリーブでした

ニチフ製『SB-2218(黄)』と『SB-1614(青)』でございます。
ホントは『SB-1618(赤)』も同時に発注したんですが、どうも在庫切れ中らしくて黄と青のみ入荷してまいりました。
そんなこんなで先行してご紹介致します。

さてこの圧着スリーブ、他のモノとどこが違うか。
何とこの圧着スリーブの絶縁被覆は熱で収縮するのです。
それだけではありません。
なんと絶縁被覆の内側にポリアミド系接着剤が付いており、熱によって接着致します。
つまりこの圧着スリーブの絶縁被覆は防水収縮チューブなのです。

収縮完了。完全防水です。

そこにシビれる!あこがれるゥ!と言う訳ではありませんが、この接着効果によって防水、防油、耐水性が万全となる訳です。
また、接着剤の接着力も強力ですので、圧着だけでは引張強度的に不安な場合でも効果は絶大でございます。
実際収縮後の絶縁被覆をはがしてみようとしましたが、あまりに強固に接着していたため、剥がすのを断念しました。

剥がそうとしましたが無理でした

用途としましては水のかかる場所。
例えば自動車やポンプ周り、あるいは水回りの家電製品などにもお使いいただけます。
防水、防油、耐震、防塵などが必要な場所にオススメです。

なお、絶縁被覆は120℃で収縮するため、収縮時にはヒートガンをお使いください。
ヘアドライヤーでは熱量不足でございます。
まぁライターの火で炙っても収縮はしますけどね。
ちなみに電線の被服材料がシリコンゴム、ガラス編組、テフロン系、フッ素ゴムのモノは接着剤が付きにくいらしいのでご注意ください。

ニチフのカタログでは専用工具が勧められていますが、絶縁被覆付圧着スリーブ用工具であれば加工は可能です。

P-733で圧着被覆に破れもありません

当店で取り扱いがあるのはホーザン製『P-733』とエンジニア製『PA-01』。

ラチェット付きの工具ハンドパワー(腕力)の工具

どちらでも割とキレイに圧着できました。

青も圧着してみました収縮後はこんな感じ

気になるお値段は『SB-2218(黄)』が1個30円、100個で2700円。
『SB-1816(赤)』『SB-1614(青)』が1個40円、100個で3600円でございます。
圧着スリーブの中でも他に比類無き安心感を誇る防水圧着スリーブシリーズ。万能選手なだけに、工具入れの中にあると安心感もひとしおでございます。

赤は11月中旬入荷予定です

・ニチフ 防水圧着スリーブ
  SB-2218(黄) 0.3SQ〜0.5SQ ¥30-
  SB-1816(赤) 0.75SQ〜1.25SQ ¥40-
  SB-1614(青) 2.0SQ ¥40-

<記事:伊東>


この商品がすぐ買えるシリコンハウスblog通販はこちら http://www.siliconhouse.jp/blog2/order.html


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 隣の国のジョジョ   2012年07月31日 19:32
5 タイトルがジョジョ過ぎて
笑ってしまった・・・

波紋疾走ッ!!
Terror-Minという名のテルミンMUSIC OF NEW REFERENCE 2009 in KYOTO