2009年10月31日

ヘイブラザー!

先日紹介致しました日本圧着端子のELコネクタ、本日はその兄弟とも言えるコネクタを紹介致します。

Lコネクタちょっと透けてます
JST(日本圧着端子) Lコネクタ
定格電圧:MAX300V
定格電流:MAX15A
使用温度範囲:-25℃ 〜 +90℃

ELとL
比べてみました。左がELコネクタ、右がLコネクタ。
どうでしょう、そっくりではありませんか?
右が兄貴で左が弟。
兄貴のほうが定格電流が大きくなっております。
さすが兄貴!

ちなみに兄貴は通称「タミヤコネクター」とか「7.2Vコネクタ」といった異名をもっておりまして、RCの分野では彼の存在を知らない者はいないほどです。


さて今回も圧着実験してみたのですが、正直なところ店頭で扱っている圧着ペンチを色々試したのですがコンタクトピンのサイズが大きいためか、どれもあまり上手く圧着できませんでした。(私の腕が悪い…?)
で、一応試してみるか……程度の気持ちで使ってみたこの工具!

隠れた名機!?PA-01横から見たとこ
エンジニア PA-01

実はこの工具、圧着専用の工具ではありません。
ワイヤストリッパや裸端子の圧着など色々な歯がついた多機能工具なのですが、今回のようなコンタクトピンの圧着にはあまり向いていないと思っていました。

が、

中心をギュッと…(優しく)

これが

根元もギュッと…(愛を込めて)

これで

なかなかの出来?
あ、普通にキレイやん…。

大きめのコンタクトピンには向いてるのかもしれません。
おっと本題が工具のほうに逸れそうになりましたが、このLコネクタのピンは大きめなので電線も太めのものが使えます。

シリコンコードを圧着
14AWG(2.0SQ相当)のシリコンコードなんかも圧着できました!
この辺りの電線を使えばコネクタの定格の上限いっぱいまで使える事でしょう。

見たことあるある
ホビー系のパーツ売場に置いてそうな延長ケーブルも自由な長さで作成可能です!

兄貴(Lコネクタ)のほうが弟(ELコネクタ)より優れてるの?お互い対立してるの?
いえいえ、この兄弟は仲がいいんですよ。
弟のほうもサイズは手頃ですのでサクッと使いやすいですし、以前に照明器具に使われているのを見た事があります。
兄貴がRC部門でのエキスパートとすれば弟は幅広い分野で活躍するマルチプレイヤー的な感じですね。
どちらのコネクタとも宜しくお願いします。


50ヶパックもあります!

・JST(日本圧着端子) Lコネクタ 
2ピン プラグハウジング LP-02-1 リセプタクルハウジング LR-02F-1
どちらも¥21-
(50ヶで¥945-)

コンタクトピン
プラグハウジング用 LLF-61T-2.0 適用電線範囲 AWG20〜AWG14(0.5SQ〜2.0SQ)
リセプタクルハウジング用 LLM-61T-2.0 適用電線範囲 AWG20〜AWG14(0.5SQ〜2.0SQ)
どちらも¥15-(100ヶで¥1415-)

今回使用した圧着工具
・エンジニア PA-01 ¥3810-


<記事:平田>

共立エレショップにも登録しましたので、通販ご希望の方は
ご利用ください。
JST Lコネクタ/コンタクトピン

トラックバックURL