2009年11月16日

最も身近な電子工作

先日書きましたACコンセントプラグの記事に、『電線のつなぎかたはどうされてますか?』と言う質問コメントが付いていましたので、今回はACコンセントプラグの加工について見ていきたいと思います。

まずパナソニック電工の公式見解ですが、旧松下電工のカタログを見ると、『電線をねじって巻き付けるだけ』と言うのが正しい加工要領のようです。

パナ電の公式見解

ネジに付いたスプリングワッシャーやボディに付いた電線固定用の突起などにより、コードを引っ張る力からガッチリと接触部分を守るんだそうです。

色々工夫されたネジ部分

実際加工の仕上げにボディを被せる際、『ホントに大丈夫なのか?』と思うくらいグイグイとコードを締め付ける感触が手に伝わってきます。加工の際は怖がらずに思いっきりねじを締めてあげてください。

と、まぁコレだけでは何なんで、実際に加工してみた。

今回使用したのはベターキャップ『WH4015』と、VFF1.25SQ。
まずは平行電線VFF1.25SQを17mm剥きます。そして捻って撚りがほどけないようにします。

まずは電線を剥きます。

その後ネジに対して時計回りに電線を巻き付けます。

巻き付けます。

一般的にネジというのは時計回りに回すと締まるようになってますからね。逆に巻いちゃうとネジ締めてるウチに電線がエラいことになりますのでご注意を。
ネジに巻き付けたら後はネジを締めるだけ。

締め付けます。ガッチリ締め付けてます。

コレで作業は完了でございます。
後は股を挟まないようにボディを閉じればACプラグの完成です。

ボディを付けて完成です。多少引っ張ったところで抜けません。

以上がメーカー推奨の加工法でございます。
しかしやってみて思うのは、捻った電線を巻き付けるのが意外に手間だと言うこと。
ヘタにやると電線の撚りがほどけて見た目になんか不安になったり、引張強度的に不安に感じたり。

そこで思った訳です。
ネジに付けるんだったら丸型圧着端子を付けてみてはどうかと。

で、やってみた。

用意しましたのは先程と同じくベターキャップ『WH4015』とVFF1.25SQ電線。
そして丸型圧着端子『R1.25-3.5』。コレをVFF電線に圧着致します。

丸端子を付けてみました。

松下のACコンセントプラグに付いているネジは、穴径3.5mmの圧着端子が使えます。
コレをネジに通して

ネジにジャストフィットです。

取り付けるだけ。

キレイに付けられてます。

コレで加工完了です。
見た目にもシッカリと付いており、安心感があります。
はみ出した電線が隣に接触することもないのでショートする心配もありません。

外から見ても判りません。

ちなみにゴムキャップなどではこの『丸端子法』の方が加工しやすいようにも思いました。

ゴムキャップは左右にネジが付いている。取り替えも簡単です。
※上の写真の加工には不備があります。
 詳しくはコチラをご覧ください。

電化製品を大事に使おうと思うと、ACコンセントプラグを修理する機会が必ず出てくるモノです。
そんな時、この記事が皆様にとって少しでも参考になれば幸いです。

<記事:伊東>

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 2DI150-060   2009年11月17日 08:46
私はゴムキャップの場合、ねじの横の丸穴にコードを通してから、圧着端子をかしめて、ねじ止めしていましたが、この方法は間違いだったのでしょうか?コードを引っ張ったとき、コードに掛かる力が穴の部分で分散されると思っていたのですが。Panasonicのホームページに取説がありますか?ちなみに松下はPanasonicに社名変更しています。
2. Posted by ちょっと!アメがカピカピになってるよ!   2009年11月17日 18:35
5 まさに目からウロコ・・・
為になりました。ありがとうございます。
3. Posted by ちょっと!アメがカピカピになってるよ!   2009年11月17日 18:42
記事とは全然関係ないんですけど、
3Fの質問&回答ノート。

日曜日に行ったとき見たら
まーだ回答書いてなかった!!

シリコンとお客のラブラブ交換日記・・・

しばらく返信もらってないんだけど!

シリコンと、ぼくの、ラブラブ・・・
4. Posted by シリコンハウス@小川   2009年11月20日 19:54
3Fの質問&回答ノートにつきましては申し訳ございません。
早速、拝見しまして
返答できるところからさせていただいております。
お客様のご要望にお応えできるようがんばりますので、ご活用ください。