2009年11月27日

近未来のスタンダード!?

来ました。
ついにやって来ました!
待ちに待った(個人的に)あのコネクタが!!

はいっ。
ミニキャノン

コネクター!

正面からどうぞ。
お顔を拝見!
そうです、ミニキャノンコネクタがついにやって来たのです!シリコンに。
ミニXLRコネクタと言ったりもします。

・ITTキャノン Mini-XLシリーズ
ピンプラグ(オス) M-XL-3-12S
ソケットプラグ(メス) M-XL-3-11S
定格電圧:125V
定格電流:3A
適合電線径:〜3.5Φ

ちなみにこの商品が入荷して来た時の話ですが、現物を初めて見たとある店員が「普通のキャノンコネクタとそんなにサイズ変わらないですよね」
と言いました……





親子…左:キャノン 右:ミニキャノン
変わるっちゅーねん!
通常品から考えるとまさに「ミニ」の名にふさわしいサイズ。

バラしてみるとこんな感じです。
分解!更に分解!
オスを分解。

メスも分解!分解の分解!
メスも分解。

ところでこのミニキャノンコネクタ。
最近作られた物ではなく以前からメーカーは作っていたのですが、今になって何故店頭で扱い出したかと申しますと、「今後採用されていく可能性」が高いと感じたからです。

少し話はそれますが音楽を聴くためのヘッドホン、皆様も持っておられる方は多いかと思います。
イヤホンではなくて耳にカポッと覆いかぶさるタイプの物です。
私も持っているのですが、通常ヘッドホンのケーブルって直接ヘッドホン本体から出ているものが殆どです。
普段からよく使うお方、一度は断線して接触不良!?それも本体ギリギリの部分が断線してるっぽい!なんてことを経験した事があるかと思われます。
直そうと思ってもまず本体を分解してケーブルを切ってみて「中の線細っ!」とか言ってみたり、どこにどの線が付いてたか分からなくなったり、修理するのも一苦労であります(筆者経験済み)。

そこでヘッドホン本体とケーブルをコネクタで接続しよう、っということで音響機器メーカーであるAKGやパイオニアの一部のヘッドホンがそのような仕様になっているのですが、そこで採用されているコネクタが実は今回紹介しております3ピンの「ミニキャノンコネクタ」なのであります!

これにより、もしケーブルが断線してもコネクタ付きのケーブル自体を交換してしまえば本体をいじること無く解決。
でも純正ケーブルはそこそこの値段するんですよねーーー・・・・・・・そこでっ!
自作してしまえばいいじゃないか、という時に是非当店をご利用下さいませ。
好きな長さで作るも良し、使うケーブルを色々試すも良し、ヘッドホンと反対側のコネクタを好きなコネクタにするも良し、ケーブル両端にミニキャノンのオス・メスをそれぞれ付けて延長ケーブルを作るも良し、です。





…という訳で作ってみた。

今回は柔軟性のある、このケーブルを使います。
2芯シ−ルド線シールド線断面

横巻きシールドです
シールド付きスリムロボットケーブル KRT-SW AWG28 X 2芯 ¥210-/m

キャノンコネクタと同じようにピンに番号が刻印されているのでハンダ付けの時に迷わずにすみますね。

オス(表)オス(裏)
オスは裏に

メス(表)メス(裏)
メスは表に番号が入ってます。

さて進めていきましょう。
線を剥きましてー適当な長さに切りましてー
ケーブルを剥きまして、適当適切な長さに切ります。

ブッシングを通しておきましてー
※ハンダ付けする前に通しておかなきゃいけないものを通しておきましょう。

ハンダ付け!
1番にシールド、2番3番が信号ラインなので芯線をそれぞれハンダ付けします。
今回はとりあえず2番に白、3番に黒の線をつけました。

ケーブル押さえを…ペンチでギュッとします
ケーブルをしっかり挟み込みましょう。ぎゅぎゅっと。

本体をかぶせて完成!!
頭を被せて完成!
あとは反対側のオスも同じ番号に同じ線をつければOK!

AKGを延長!?
うむ、我ながらなかなかの出来栄え。

ミニキャノンコネクタも標準キャノンコネクタと同じようにロック式なので外れにくく外しやすいのが良い所。
ヘッドホン以外にも小型のコンデンサマイク等にも採用されていたりします。
機器の小型化に伴い、今後は色んな場面で使われる可能性は大いにあるでしょう。
自作機器にキャノンコネクタ使いたいけどちょっとデカいし重いし……
なんてときにも是非オススメできるミニキャノンコネクタ、4階コネクタ売場にて好評販売中です!!


ご来店お待ちしておりますっ!

・ITTキャノン Mini-XLシリーズ
3Pinピンプラグ(オス) M-XL-3-12S ¥615-
3Pinソケットプラグ(メス) M-XL-3-11S ¥635-


<記事:平田>


この商品がすぐ買えるシリコンハウスblog通販はこちら http://www.siliconhouse.jp/blog2/order.html


トラックバックURL