どこでも一緒細腕半畳記

2010年11月03日

RoboCupJunior公式赤外線ボールを取り扱い開始!

RoboCup「ロボカップ」は人間社会に役立つロボット技術を育成する
ことを目的とした国際プロジェクトで世界35カ国から
競技者が集う大会の事。
日本だけではなく、世界中で開催されているワールドワイドな競技です。
(詳しくはwikipediaに掲載されています→wikiのページへ)

その中の「ロボカップジュニア」区分の「サッカーチャレンジ」という
競技では赤外線を発するボールが使われています。
ロボット(選手)はボールから発する赤外線を認識し、ボールの位置を
把握するという仕組みです。
何度かお問い合せを頂いていたのですが、
ようやく店頭在庫品として扱うことになりました。

エレキット RoboCupJunior公式赤外線発光ボール RCJ-05 
¥5195-

RCJ05-01
こちらは長ーい肩書きを持つ商品で・・・
ロボカップジュニア国際技術委員会公認
ロボットサッカー競技用公式ボール

とのこと。上記のロボカップジュニアの大会で使われているボールです。
RCJ-05-02
赤外線なので当然人の目には見えません。
カメラでは赤外線の反応の度合いがカメラによって違いますが
デジカメで撮影すると、うっすら光っているのが見えました。
写真中央、紫色っぽく見えているのが赤外線LEDです。
本体が無色透明ではないので、色が付いて見えるのだと思われます。
(左下で赤く光っているのは電源確認用の赤色LEDです)

 監視カメラコーナーに持っていくと、赤外線投光器付きのカメラで
赤外線LEDが発光しているのが確認できました。
RCJ-05-03
(写真はカメラの映像を映したモニターを撮影したものです)
・・・まぁこういう使い方をするものではありませんが・・・。

大会に出る方は必須のボールです。
また、モードが切替できますので様々な自律型ロボットに対応できます。
その他の情報はエレキット公式ページへ→RCJ-05の説明ページ

また、それとは別に新たにセンサーモジュールが入荷。
KIROBO専用コンパスセンサーモジュール MR-9142 ¥6615-
MR-9142
こちらはエレキット製の「KIROBO」専用モジュールとなっております。
専用だけあって改造等は必要なく、基板に載せるだけで使えます。
KIROBOは発売以来、プログラミングロボットの入門〜中級者向けとして
当店でもコンスタントに売れ続けているロボットキット。
その専用モジュールを取り付ければ、使い方の幅も広がります。

このコンパスセンサーモジュールは、目標方向の設定方法として
「回転式のセンサーを目標方向に向ける」という直感的なものにし、
目標の方角が変わってもプログラム変更の必要がない大変画期的な
電子コンパスです。

メーカー公式ページ→MR-9142の説明ページ

秋の夜長にロボット工作はいかがでしょうか?

記事:柳原

共立エレショップにも登録しましたのでご利用ください。
http://eleshop.jp/shop/g/gABF115/
http://eleshop.jp/shop/g/gABF116/

siliconhouse at 22:00│TrackBack(0)1階売り場情報 

トラックバックURL

どこでも一緒細腕半畳記