2011年04月01日

13歳からのハンダゴテ選び

私はハンダ付けがキライです。
何故って、ハンダゴテがちゃんと温まったのかどうか確認するのが苦手だからです。
人によって確認方法はマチマチなんですが、手のひらを近づけて温度を確認してみたり、中には鼻の下にコテ先を持って来て確認する人も居ました。
しかし実際にハンダを溶かそうとすると上手く行かなかったりと、そんなところが私がハンダ付けを嫌う最大の理由になっております。

例えばラミネ-ターのように温まったらランプが点いて分かるようなハンダゴテはない物か。
取り扱いのある工具メーカーさんに話を振ってみるモノの余り感触が良くない。
じゃぁ仕方ない。
無ければ作ればいいじゃない!
と言う訳で、2年の開発期間を経て、ようやく完成した共立オリジナルハンダゴテのご紹介です。

待望の製品化

初心者用ハンダゴテ『GF13-017SK』、通称『シャイニングハンダゴテ』でございます。
シンプルな白いボディが目印です。

さてこのハンダゴテ、どの辺が初心者向けかと言いますと、なんとコテ先が450℃を超えるとパイプ部分が赤く光ります。

赤く光る

パイプ部分にルナチタニウムとガリウムヒ素を配合することにより、このような特殊効果を得ることが出来ました。
赤く光れば準備OK!ハンダ付けレディーゴー!!と言う訳です。

さらにこのハンダゴテには『ハイパー化ボタン』が付いておりまして、このボタンを2秒ほど長押しするとハンダゴテはハイパーモードに移行します。

ハイパー化ボタン

ハイパーモードに移行したこのハンダゴテは金色に光り出します。

シャイニング

この状態になるとコテ先の温度はおよそ4000℃。並みのハンダなら一瞬で蒸発致します。このハイパーモードを使うとハンダ吸取線も吸取器も遣わずにハンダを除去出来るのです。
融点が5000℃のルナチタニウム配合だからこそ出来る荒技。まさに最強。天破侠乱のハンダゴテでございます。

気になるお値段は6980円の予定。ご所望の方は店頭で『お前が欲しいぃぃぃぃぃ!!』とお叫びください。彼女の凍り付いた心もこのハンダゴテなら溶かすことが出来るでしょう。

・初心者用ハンダゴテ GF13-017SK ¥6980-

まぁ、もちろん冗談な訳なんですが。

<記事:伊東>

こちらはエイプリルフールのネタ記事となっております。
ガンダリウム合金は現実世界ではまだ開発されておりません。
ご了承下さい。


siliconhouse at 06:01│TrackBack(0)エイプリルフール 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ちゃと   2011年04月02日 07:40
5 俺の右手が真っ赤に燃えるぅ!!!

しかし、4000℃ですかぁ・・・
爆熱!ゴッド(ry
2. Posted by 伊東@シリコンハウス   2011年04月02日 13:55
ちゃと様

コメントありがとうございます。
同僚には『いまさらGガンダムですかw』とつっこまれましたが、楽しんでもらえたようでホッとしております。

しかし視覚的に温まり具合が見えるハンダゴテは実際便利だと思うので、どこかのメーカーで作ってくれないかなァと願っている次第です。
3. Posted by 高坂   2011年04月03日 00:45
温度で色が変わるといいですね。ほしいです。
こて台はガンダニウム合金ですか。
4. Posted by 伊東@シリコンハウス   2011年04月04日 12:27
高坂様

コメントありがとうございます。
この記事をどこかのメーカーさんが見ていて、視覚的に温度が分かるハンダゴテを作ってくれると嬉しいンですが。

こて台はあえて『超合金Z』とか使った方が面白いかもしれませんw
5. Posted by たれ   2011年04月10日 22:04
5 誰か作って下さい。
6. Posted by 伊東@シリコンハウス   2011年04月12日 19:10
たれ様

コメントありがとうございます。
こんど白光の営業さんが来たら提案してみます。