バーチャルリファレンスモニタリング見た目は大事、中身も大事

2011年05月02日

飛ばしていこうぜ!

環境問題と言いますと、私が子供だった頃は『オゾン層の破壊』が声高に叫ばれておりまして、オゾン層を破壊するフロンガスの規制が盛んに議論されておりました。
世界的な取り組みもあり、現在はオゾン層を破壊しない『代替フロン』が使われております。
しかしこの代替フロンも、オゾン層を破壊しない代わりに温室効果が高いという問題もあり、あちらを立てればこちらが立たずと人間社会の縮図を見るような構図になっております。

まぁこの変の環境問題に関しては『まんがサイエンス4巻』をご一読ください。入門書としてはこれほど解りやすく面白い本は他にございません。

では本題。
本日ご紹介いたします商品はこちらです。

平成ウルトラマンっぽいデザイン

大宝産業のウルトラダスター『DH-UD』でございます。
いわゆるエアダスターでございまして、ノズルからガスを出してホコリを吹き飛ばそうと、そう言った商品でございます。

使われているガスは代替フロンの『HFC(ハイドロフルオロカーボン)』。分子中に塩素を含まないため、オゾン層を破壊することがありません。その中でも『HFC-152a』と言う、比較的温室効果の低いガスが使われております。まぁそうは言っても二酸化炭素の100倍の温室効果がある訳なんですが。
その辺りはメーカーも気を遣っているらしく、パッケージには『地球温暖化ガス 必要以上に使用しないこと。』と書かれております。

別にいいじゃない

しかしジェットの威力はかなりの物。先日紹介しました手動のジェットブローとは比べようもありません。
まぁこちらは有限のジェットですけどね。環境にもよくありませんし。

環境負荷以外の問題点といたしましては、この『HFC-152a』は可燃性でして、しかも燃えるとフッ化水素などの有毒ガスが発生することがございます。ただしターボライターで数秒炙らないと引火しないくらい燃えにくいので過剰に心配する必要はございません。
心配な人は使用する時ちゃんと換気をして、横で掃除機を回しながら使用すると吹き飛ばしたホコリも一緒に吸い込んでくれて安心です。刺激臭がしたら要換気と言うことで。

この他ガスガンの燃料としても使える便利なウルトラダスター、気になるお値段は500円、内容量は460mlでございます。
これからの季節使用後のひんやりした缶が気持ちよくてついつい使いすぎてしまいますが、そんなことをすると結果的に地球を温めてしまって本末転倒な事態になりますのでご注意ください。

キャプテンウルトラ

・大宝産業 ウルトラダスター DH-UD ¥500-

<記事:伊東>

こちらの商品通販でご注文の方はこちらのエレショップ
ダミーカートより注文お願いします。
http://eleshop.jp/shop/info/irregular.aspx


トラックバックURL

バーチャルリファレンスモニタリング見た目は大事、中身も大事