飛ばしていこうぜ!楽しい仲間がドカンドカンドカーン

2011年05月03日

見た目は大事、中身も大事

久々のケーブル紹介です。

BELDEN 1503ABELDEN 1503A
ベルデン1503A 2芯シールド線() ¥140-/m
いかにもアメリカンな色合いが好きな人にはたまりません!

・BELDEN 1503A
芯数:2
芯線形状:より線 22AWG(0.32SQ相当)
絶縁体:PVC
シールド形状:ベルドフォイル(ドレイン線 24AWG)
外被覆:PVC
外径:約3.6mm

最近の3階売場ではオーディオ系のケーブル・コネクタが増えてきているのですが、「オーディオ用」の細めのシールド線が昔から扱いなかったため、何かちょうど良いものはないかとずっと探していました。
そして見つけたのがこのケーブルという訳です。
調子に乗って6色も揃えてしまいました。

「オーディオ」と印字されてます断面
いつものように解体していきます。
被覆はビニルですが、少し硬めな感じです。
柔軟性は他のオーディオケーブルに比べるとやや劣るかもしれませんが、引っ張りには強そうです。

噂のベルドフォイル
シールドはこのケーブルの特徴の一つである、ベルドフォイルと呼ばれるアルミラップタイプのシールドです。
ベルデン社はこのシールドの方式に特許を取っているそうですが、確かにこのシールド方式には優れた面が多いのです。

ポリエステルなどでラミネートしたアルミ箔でシールドするので絶縁性に優れており、編組シールド等に比べてシールド率もほぼ100%と高く、又、アルミラップが薄いためケーブル自体も細身にできます。
導体0.3SQ×2芯で外形3.6mmは編組シールドでは作れないでしょう。(無論、物理的強度を無視すれば作れるでしょうが…)

一つこの手のシールドのデメリットをあげるとすれば「曲げ」等による耐久性が劣る事でしょうか。
劣ると言ってもイヤホンコードのように常時動かされるような所で無い限りは問題ないと思います。

ドレイン線出てます
シールドとアースを結線する時には上の写真のスズメッキ線(ドレイン線)を使います。
網線をほぐしたりしなくて良いので、編組シールド線に比べ加工が楽なのも良い所です。

AWG22 × 2芯
芯線はAWG22の撚り線が、ちょうど内部配線材の8503に近い物が2本軽く撚り合わさってます。
中身だけ取り出して配線材として使うのもありかと思います。めんどくさいんですけどね。

ところで最初の方に調子に乗って6色揃えてしまった、と書きましたが、ただの勢いだけで取ったのではありません!
シールド線でカラーバリエーションがあるものが殆どなかったため、黒色以外を求めている方も多いだろうと前々から思っていたのもあったので、思い切って取ってみた次第です。まぁ結局は勢いなんですけどね。

中身は同じでも使う用途によっては、この「色の違い」が大きな役割を持ってきます。

色分けは大事!
例えば音響機材のラック裏等で使うパッチケーブルやインサートケーブル。
「ん?コンプはどの線だっけ?」「コーラスは……」
ケーブルにネームタグ付けてもいいのですが、本数が増えてくるとそれすらもゴチャゴチャになって見にくかったりとかするものです。
「空間系」は青、「ダイナミック系」は黄、「位相系」は緑、みたいな感じでジャンルで色を決めておけば、後々配線入れ替えたりする時とか、とても助かります。
現場では暗所での作業も多いので、あながちこのアメリカンで色合いがはっきりしているケーブルのほうが識別するにはピッタリなのかもしれません。
この例に限らずですが同じコネクタを複数使うような時は色分けしておく方が後々何かと役に立ったりするものです。

ステレオミニケーブル等にも。
今までこの手のミニステレオやRCAに使うケーブルは基本的に黒しか選べませんでしたが、自分好みの色で自作できます。
色を替えるだけでかなり気分も変わります。
衣替えと同時にお部屋の配線も替えてみてはいかがでしょうか?

連休も今日を含めてあと3日ありますので、気になった方は是非店頭に足をお運び下さい!
「見ーてーるーだーけー」でも結構です、きっと欲しくなる物がありますよ!

カラフルや〜

★BELDEN
・1503A 2芯シールド線() ¥120-/m (2011/5月時点)

※2013年1月現在の価格は¥140-/mとなります。

安価で、中身しっかり見た目も素敵。
このケーブルのコストパフォーマンスは測りしれない!?


<記事:3F平田>

共立エレショップにも登録しましたので、通販ご希望の方は
ご利用ください。
BELDEN 1503A 2芯シールド線

トラックバックURL

飛ばしていこうぜ!楽しい仲間がドカンドカンドカーン