第二回LPC Xpresso LPC1100 ハンズオンセミナー開催中行き過ぎな過保護は保護では無い。

2011年05月27日

FOSTEXの新ユニット「FF-WKシリーズ」が入荷!

新店舗となってオーディオキットコーナーがグンと拡大され、
弊社「ワンダーピュア」部門の開発担当者が土日に視聴機前にて
ご相談を受けていることもあり、以前より奥まった売場にも関わらず
週末は多くのクラフトファンの方で賑わいます。

そんなオーディオキットコーナーのスピーカーユニットに新商品が登場。
クラフトスピーカーのフルレンジユニットといえばFOSTEXですが
今回は「FFシリーズ」が一新され、新構成となって登場です。
・・・当初1月下旬発売予定でしたが、延期の後にようやく入ってきました。
箱と一緒
・FF-WKシリーズ
メーカーのニュースリリースの説明によると…
FF-WKシリーズは、これまでのFFシリーズ構造を全面的に見直し、
新たに10cm口径をラインアップに加えたバスレフ専用設計の
フルレンジユニットです。このFF-WKシリーズには新抄紙方法
「2層抄紙コーン」を始め、リッジドーム形状アルミ合金センターキャップ、
ポケットネックダンパーを採用し更なる高音質化を図りました。
これにより明快でリアルな音質はそのままに力感溢れる低域と
キャラクターを感じさせない高域再生を実現しました。

とのこと。

早速現物を見てみましょう。
正面 コーン拡大
サイド 背面
グレーのコーンとアルミセンターキャップのコントラストがカッコ良いです。
基層に長繊維(低叩解度)の木材パルプを使用、表層には
短繊維(高叩解度)のケナフと備長炭パウダーを配合し、コーン紙表面の
伝播速度を高めています。

とのことで備長炭パウダーの色のようです。
(※染料ではないのでグレーの色合いが均一ではありません)

センターキャップはリッジドーム形状共振を分散し、自然で響きの美しい
高域再生が可能とのこと。
コーン部はスピーカーの顔なので、この配色は渋いですね。
音質にも自ずと期待が高まります。

定番ユニット「FEシリーズ」と比較してみます、あくまで外見ですが・・・。
8僖織ぅ(開口寸法73φ)で比較しました。
正面比較左:FE83En 右:FF85WK
サイド比較背面比較
スペックの比較もしておきます。
(より詳しいデータは記事最後のリンク先参照下さい)

・FE83En ¥2945-(2個セット¥5770-)
インピーダンス…8Ω 最低共振周波数…165Hz 
再生周波数帯域…fo〜30KHz
出力音圧…88dB/W(1m) 入力…7W(Mus.)
FE83En_preview

・FF85WK ¥3210-(2個セット¥6290-)
インピーダンス…8Ω 最低共振周波数…115Hz 
再生周波数帯域…fo〜28KHz
出力音圧…86.5dB/W(1m) 入力…15W(Mus.)
FF85WK_spec_preview

マグネット周りはFFの方が一回り大きく、ガッシリした形状です。
同じ8僖罐縫奪箸任垢FFの方が総質量が大きく、このユニット同士では
100gの差があり、マグネット部分の質量差は47gあります。
この辺りも音質に影響しているかもしれません。

FEとFFはカタログでも違いが見られますが、FEはバスレフより
むしろバックロードホーンの方が向いているようで、カタログでは
12cmタイプ以上は標準エンクロージャーがバックロードホーンタイプと
明記されています。そのため、バスレフのエンクロージャーでは
十分な低音が出ない傾向がありました。

一方で今回のFFシリーズは全てバスレフ用となっており、
フルレンジユニットとして一番シンプルな構成で最適な音質が得られる
ように設計されているようです。
小さなエンクロージャーでも仕様通りの特性が得られるということです。
この辺りはクラフトスピーカとして、作りやすく、またシンプルな分より
奥深く楽しめるようになっているように感じます。

(カタログスペックでの標準エンクロージャ容積はFE83Enが6リットル、
FF85WKが3.5リットルと違いがあります。
この辺りもバスレフタイプに向いた特性なのかもしれません)

カタログスペックの数値だけでは音の良し悪しは分かりませんし、
個人の好みの問題ですから「こっちの方が良い」とは言い切れません。
最新が最善ではないと個人的にも思います。
すでにデモ機が設置されていますので、実際に音を聴いていただくのが
一番だと思います。FE83Enも引き続きご試聴頂けますので、
実際に聴き比べてみてはいかがでしょうか。
fostexデモ
個人的な感想ですが、非常に驚きました。
低音、高音共に良く出ています。同じ8cmユニットとは思えません。
エンクロージャーも小さいのにも関わらず、両脇のスピーカーと
互角以上に感じます。聞き心地は上々です。これは良いですよ。

今回入荷したのは、8・10・12cmタイプ。
やや遅れて6月末に16cmタイプが入荷します。
FF85WK…1個¥3210-、2個セット¥6290-
FF105WK…1個¥4155-、2個セット¥8140-
FF125WK…1個¥4630-、2個セット¥9070-
FF165WK…1個¥6615-、2個セット¥12965-

(※FF165WKのみ入荷待ち、6月末入荷予定です)

6月18日追記:FF165WK、入荷しました!

3サイズ
新たなユニットが追加され、選択肢が広がりました。
自分好みの音楽は、自分好みの音で聴きたいものです。
シリコンハウス1階、オーディオキットコーナーにて販売中です。

FOSTEX 公式サイト
・新製品 フルレンジユニット FF-WKシリーズ ニュースリリース
http://www.fostex.jp/news/135

・フルレンジユニット一覧
http://www.fostex.jp/products/search?conditions[genre][g3]=true
 
記事:柳原

共立エレショップにも登録しましたので、通販ご希望の方は
ご利用ください。
FOSTEX スピーカーユニット FF-WKシリーズ

siliconhouse at 14:53│TrackBack(0)1階売り場情報 

トラックバックURL

第二回LPC Xpresso LPC1100 ハンズオンセミナー開催中行き過ぎな過保護は保護では無い。