選り取り見取りガイガーカウンターを作ってみよう!!〜キット編〜

2011年09月02日

ラジオは仕事のジャマをしない情報源

台風でございます。
幸か不幸か会社というのは学校と違って会社にたどり着けない状況にならない限り休みになることはありません。
学生の頃は朝テレビで暴風警報が出ているとニンマリしたモノですが、社会に出てからはただウンザリするだけになりました。
大阪の地下鉄は人身事故以外では滅多と止まることがないので、沿線に住んでいる身としましてはどんな状況でも出勤できてしまうのです。
と言う訳でシリコンハウスは台風が来ようともだいたい営業しております。
いつもより人が少なくて静かなシリコンハウスを満喫してみたい方はぜひお越しくださいませ。
最寄りの地下鉄恵美須町駅からはアーケードがございますのであんまり濡れずにたどり着けるかと。

と言う訳で本日は。
災害時と言えばコレ。な商品の紹介でございます。

見た目もオシャレ

レッドスパイス製キューブソーラーラジオ『CB-G402』でございます。
ソーラーパネルで充電してAM/FM両方のラジオが聴ける便利グッズでございます。

『キューブ』というとMacCubeのように立方体をイメージしてしまいますが、このキューブソーラーラジオは実は薄型。

CUBEradio_temoti

コンパクトながら内蔵の充電池のせいかそれなりに重みがあるので安定して立ちます。
まぁ寝かせて使っても問題ありませんが。

上部を開くとソーラーパネルが出てきます。

ヘー○ルハウスみたい
       /|
       |/__
       ヽ| l l│<ハーイ
       ┷┷┷


直射日光に20〜25時間あてるだけで電池が満タンになります。
ちなみに日本の平均日照時間は1500〜2000時間/年だそうで。これを単純に365日で割ると4.1〜5.5時間/日。まぁ気長に充電すると良いのではないかと。

保険としてUSBからも充電できまして、USB経由で充電した場合は約5時間でOKです。
付属品でUSBケーブルも付いていますので最初はUSBで充電することをお勧め致します。

付属品一覧よく判る解説

本体右側にはチューニングダイヤルとAM/FM切替スイッチが付いております。

昔のラジオっぽいw

残念ながらダイアルにはFM帯域の大まかな数字しか書いておらず、AMに関しては完全に勘でチューニングすることになります。
災害時情報を集めるために取りあえず聞けるところを探す分には問題無いかと。
普段使いでしたら聴く局を固定すれば一度合わせればそれでOKです。ダイヤルにマジックなどで聞けたところの印を付けるのも良いかも知れません。

本体左側にはボリュームスイッチと充電用のUSB端子、充電中を示すLED、イヤホン端子が付いております。

ボリュームの表記もアレな感じ

ボリュームの『OFF』のところに三角マークが来ないのは仕様です。スイッチがON/OFF切り替わる時にはカチッと音がするのでそれを目安にしてください。

充電中を示すLEDはソーラーパネル充電にも光ります。

T6のLEDライト2個使ってます発電してます。

蛍光灯下ではLEDは光りませんでしたので、やはり充電は直射日光で行ってください。

背面は何もないので絵を描いたりデコッたり好きなようにカスタマイズしてあげてください。

うらぎられた?

音質は受信状況にも因りますが、ちゃんと受信すればシリコン店内でもクリアに放送を聞く事が出来ました。音量も最大にすれば少しうるさいくらい音が出ます。充分実用に耐えるラジオです。

カラーは3色をご用意。

本体カラーは3種類

パッケージ表の写真は全てピンクですが、裏を見れば中に何色が入っているか判りますのでそちらを参考にしてください。

色は裏を見てください。

気になるお値段は1260円。何時でも何処でもどんな状況でも情報を集めることが出来るソーラー充電ラジオ。もしもの為のお守りに、仕事、勉強のお供に。お側にちょこんと置いてやってくださいませ。

どれが何色でしょう?

・レッドスパイス キューブソーラーラジオ CB-G402 ¥1260-

<記事:伊東>

こちらの商品通販でご注文の方はこちらのエレショップ
ダミーカートより注文お願いします。
http://eleshop.jp/shop/info/irregular.aspx


siliconhouse at 13:53│TrackBack(0)1階売り場情報 

トラックバックURL

選り取り見取りガイガーカウンターを作ってみよう!!〜キット編〜