オーディオ電源部分に最適なダイオード昔の雰囲気をそのままに… レトロなラジオ。

2011年09月12日

半年も経てば珍しくもなくなるんですねぇ

そんなこんなで収穫祭その2。
久しぶりにLEDライトの新型が入荷したので何回かに分けて紹介したいと思います。

今回は今やすっかり主流になった『XML-T6』を使ったモデルの紹介です。

秋の新作

はい、UltraFire製『RL-198』でございます。
搭載されているLEDはCREE『XML-T6』。

お馴染みT6です。

スタイリッシュなフォルムが特徴の一品です。

見た目は当店でもよく売れております『WL-168』の類似形。

スタイリッシュな兄弟。

ベルトクリップが付いているのでカバンのベルトなどに引っ掛けておくことができます。
また、ポケットに入れる時でもクリップで留めておけば、ポケットないで動くこともありませんし取り出しやすく便利です。

では明るさを見てみましょう。

目が痛い・・・

営業中の店内で撮影したんですが。
中心が明るすぎて暗い中で撮ったみたいになってしまいました。
公称1000ルーメンは伊達ではありません。
スイッチを半押しにするたびに照射モードが『強→中→弱』と変化します。
モードメモリー機能が付いているので実質1モードとしても使えます。

では恒例の屋上庭園での映像を見ていただきましょう。
今回はいつもと違うカメラで撮影したため、ちょっと違和感がありますがご了承下さい。
シャッター速度は1/8、F値は2.8で撮影しました。
比較対象として中心照度最強のU-80も同時に撮影してみました。

まずは基準となるU-80から。

C80

なんか中心のところしか写ってませんねぇ・・・まぁいいや。
では今回の新作『RL-198』を見てみましょう。

RL-198

なんかあんまり変わりませんね。
よく見ると中心照度はU-80に劣りますが照らす範囲は広めで、しかも均等に照らしています。
もう少し分かりやすいように両方並べて照らして見ました。

並べるとよく解る

いかがでしょう。
ガッツリ照らすわけではありませんが、均等に広く照らす分ライトとしては『RL-198』の方が使い易いのではないかと思います。
まぁU-80よりもコンパクトなので普段使いにオススメです。

T6使用の中ではスマート

気になるお値段は3980円。使用電池は18650。ただしプロクテクト無しの18650の場合、長さが少し足りないのでお使いいただけません。
また、これは高輝度のLEDライト全般に言えることなのですが、ハイモードで使い続けるとかなりの熱を持ちます。
この『RL-198』も十数分光らせ続けただけで手に持つのも大変なくらい熱くなりました。エネ○ープカイロも目じゃないくらいに。
長い時間連続使用する際はご注意ください。

他にも新作が!

・UltraFire RL-198 XML-T6 ¥3980-

<記事:伊東>

siliconhouse at 20:27│TrackBack(0)1階売り場情報 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by qut tyea   2011年09月25日 17:28
3 明るさはいいね、発熱は不可です、
ハンドフリーで使いたい避難所では、明るすぎるかもね、懐中電灯としては、小型でスポットには、いいかも、犬のサンパは発熱して不可だね、日本製に素晴らしい物あるよ、この次紹介するけど、一年間電池交換不要のもの、単四三本使用していますアルカリ一般電池です、。ジャーまたねー・
オーディオ電源部分に最適なダイオード昔の雰囲気をそのままに… レトロなラジオ。