開催決定!第7回半田付け道場!!デリケートにつまんで

2011年10月11日

ごっつぅ強い新商品GT

『ユニーク工具の』と言うと、最近はなんだか方向性が変わってきているようにも思えまして、今やどういう枕詞がふさわしいのか悩ましいエンジニアさんから、これまたユニークというか便利というか、とにかく見た方が早いや的な素敵工具が発売されました。
それがこちら。

パッケージからして

エンジニア製鉄腕ハサミGT『PH-55』でございます。
発売当初からシリコンハウスケーブル売り場では細いSPコードから5D-FBまでバツンバツン切り倒してきた鉄腕ハサミ『PH-50』の妹分でございます。
刃の先ッちょからグリップだけでなく、パッケージにまでこだわりが見られるハサミでございます。

めっさカッコイイ。

この鉄腕ハサミGTでは1本のハサミに4種類の刃が仕込まれており、日常生活や業務内で表れる様々な物をバツンバツンと切り倒すことが出来ます。

4種類の刃を搭載なかなかの切断能力

切断能力もさることながら、今回の鉄腕ハサミGTでは新しい機能としてダンボールオープナーが追加されました。

鋭利でないダンボールカッター

コレはダンボール自体を切る刃ではなく、ダンボールを閉じているガムテープを切るための刃です。
カッターナイフほど鋭利でないので中身を傷つけることもなく、ハサミを目一杯開いて切るよりは使い易いので、入荷を捌くときはこの鉄腕ハサミGTが有れば大体処理できます。
また、ストレート刃部分で紙を滑らせて切れるようになったこともポイント高いです。
クラフト作業にも幅広く活躍できます。

もちろんデザインにもこだわり倒しております。
専用の鞘もさることながら、

なんかもう色々と素敵すぎて

グリップや刃の形状も他では見られないデザインでございます。

グリップにもこだわりが随所に

持ってみた感じも小さすぎず大きすぎず丁度良い感じ。

ゴツい

グリップの外側も硬く作られていますので、両手で包み込む様に握って硬いものを斬ることも出来ます。

外側からも握れる

ちなみに刃に穴が空いているのは穴あき包丁のように摩擦を少なくしてすんなり切れるようにするためですか?とメーカーの営業さんに聞いたら『いえ、デザインです』と言われました。

ザウルスっぽい…

そう言われるとなんだか『ザウルス』っぽいなぁ・・・

そんなデザインは付属の鞘にも発揮されており、ちょっとした勇者の盾のようにも見えまして、色々と中二心をくすぐってくれます。

伝説っぽい

もちろん見た目だけでなく機能的にも考えられておりまして、底と側面に穴を開けることにより、鞘の内部に水が溜まらないよう配慮されております。

サイドに穴が底部にも穴が

気になるお値段は1980円。重厚且つ堅牢、鞘付なので腰袋やポケットに入れて置いても安心な鉄腕ハサミGT。
随所にエンジニアのこだわりが見える逸品でございます。

高いだけの価値がある

・ENGINNER 鉄腕ハサミGT PH-55 ¥1980-

<記事:伊東>

共立エレショップにも登録しました。
通販ご希望の方は、ご利用ください。
鉄腕ハサミGT PH-55


siliconhouse at 17:23│TrackBack(0)1階売り場情報 

トラックバックURL

開催決定!第7回半田付け道場!!デリケートにつまんで