2012年02月14日

本日の小ネタ

ご無沙汰いたしております、乙女部です。
本日はバレンタイン・デーですが
皆様どのようにお過ごしでしょうか?

今回はバレンタインデーに沿ったネタでございます。

<はこぴかでラッピングをゴージャスにしてみよう!>

「初心者でも大丈夫!簡単クリスマスツリー作り!!」
(2011年12月14日ブログ記事)でも使用した
エレキットの「はこぴか JS−623」(¥1780)
チョコをラッピングしました。

部品を差し込むだけで簡単に光のアートが作れる人気の本品。
説明書にそって部品を取り付け付属の箱にセット。
ここまでは普通です。

はこぴかノーマルはこぴか

次に穴をLEDの個数分あけたボール紙を用意し、
LEDを通して箱に組み込みます。
ボール紙

その上に緩衝材やらクッキングペーパーなどをしきつめ
チョコをオン。そしてスイッチもオン!

完成ラッピング
¥210円だったチョコがなんだか物々しい雰囲気に…
これを彼に渡すときは夜が効果的でしょう。
あまり暗い所だと肝心のチョコがよく見えないので
少し明かりがある、くらいがベストでしょう。

暗闇のハート薄暗い ハート
正直、ラッピング用品に¥1780は高いですが
もらった彼はとても印象に残るでしょうし
変わったことがしたい方には是非チャレンジしていただきたいです。

<ヒートガンでチョコを溶かしてみよう>
おうちで手作りチョコに挑戦する際、
大抵は湯せんでチョコを溶かしますね。
裏技でドライヤーを使用する、という手もあります。
ならば、ヒートガンはどうでしょうか。
いい予感はしませんが早速やってみましょう。
チョコとヒートガン
ボウルに砕いたチョコを。
ヒートガン、スイッチ・オン!

10秒ほどで上の方がとけ始めました。
チョコ溶かし中

おや、思ったほど早くどろどろにはならない…

結局どろどろになるまで1分ほどかかりました。
どろどろにとけ始め

ヒートガンは温度が高すぎるので
気をつけないとチョコが焦げます。
ドライヤーの方がこの作業には向いているようです。
(実験に使用したチョコはスタッフがおいしくいただきました)

それでは今回はここまでです。
またお会いできるといいですね。

<記事:乙女部 松田>

共立エレショップにも登録しましたので、通販ご希望の方は
ご利用ください。
はこぴか JS-623
ハッコー 温調ヒートガン 882


トラックバックURL