Maker Conferenceは今週土曜日!!0から始める第2種電気工事士-筆記試験心得。

2012年06月01日

Freescaleの開発ツール、その2

先日はFreescale製開発ツール「TOWER SYSTEM」などを紹介させて頂きましたが、
実はもう1点入荷していたものが。
kwikstik7
■Freescale Cortex-M4 ARMマイコン開発・評価ツール 「Kinetis KwikStik」
販売価格:4,200円


kwikstik1kwikstik2
見た目はかわいいオレンジのケースに入った液晶モジュール+αですが、
ケースから出してみたらびっくりの高機能。

kwikstik3kwikstik4kwikstik5kwikstik6

仕様や機能をまとめて記載しますと…
MPU:K40X256 ARM Cortex-M4マイコン
Clock:100MHz(Max)
LCD:ドットマトリクスディスプレイ
・オーディオアウト端子(3.5mmモノラル端子)
・microUSBコネクタx2
・マイク、ブザー
・赤外線送受信
・タッチセンサ
・microSDカードスロット

などなど、前回紹介の「TOWER SYSTEM」に負けず劣らずのみっちり機能っぷり。
というよりも、基板下部のカードエッジを使用して、「TOWER SYSTEM」に組み込みも可能です。
その他、基板にヘッダなどはないですが、SPI、I2C、UART、CANなど各種通信用のパターンも。

日本語などでのサポートや環境はありませんが、メーカーからサンプルのプログラムなども提供されていますので、お試しにもいかがでしょう?

<担当:入江>

共立エレショップにも登録しましたので、通販ご希望の方は
ご利用ください。
ARM Cortex-M4マイコン開発ツール Kinetis KwikStik


siliconhouse at 21:44│TrackBack(0)

トラックバックURL

Maker Conferenceは今週土曜日!!0から始める第2種電気工事士-筆記試験心得。