2012年06月02日

0から始める第2種電気工事士-筆記試験心得。

いよいよ上半期第2種電気工事士筆記試験日の6/3が目前に迫ってまいりました。
僭越ながら経験者としてこれから受験される方の助けとなるようなアドバイスをできるかも知れませんので、少しばかり書かせていただきます。
よろしければご参考ください。

train
■時間に余裕を持って試験会場に行きましょう。
電気技術者試験センターのサイトでも促されておりますが、十分余裕をみて来場するのは大切です。
今までも「こんな日に限ってアクシデントが」という経験をされた方も多いのではないでしょうか。
事故などの他、日曜日ですので思わぬ混雑に巻き込まれるかも知れません。
今までの勉強を無駄にしないためにも、時間にはお気をつけいただきたいところです。
早く着いて時間が余れば予習に当てられるのでお得です。

no
■試験会場入口で配ってる物は受け取る必要無し。
配られているのはほとんど資格学校の案内と思われます。
電気工事士関連の呼びかけをされるので「受け取らなきゃならないのかな?」と思いそうですが、受け取らなきゃいけない物ではありません。
試験が終わった後では同じように「解答」を配られることもありますが、後日、電気技術者試験センターのサイトで公表されるので、ここで受け取る必要もございません。
興味のある方はもちろん受け取っても問題無いと思われます。新たな資格で更なる自身の向上に繋がるかも知れません。

タオル
■タオルを一枚持って行くのがおすすめ。
ほとんどの方はおそらく学校で受けられると思います。
学校のイスと言えば、ほとんど木のイスであろうと思われます。
学生の方はまだ慣れてらっしゃるでしょうが、
社会人の方は久しぶりに長時間座るとお尻が痛いかも知れません。
イスの上に折りたたんだタオルを一枚でも敷いておけば、だいぶ違ってきます。
試験に集中するためのアイテムとしておすすめです。

記入
■問題用紙に自分の答えを記入して持って帰りましょう。
試験の解答は実施日の翌々日(6/5)に電気技術者試験センターのサイトで公表されます。
そこで答え合わせをして合格に自信を持てれば、安心して技能試験の勉強に臨めます
自分が書いた答えを記録してない場合、合格通知は7/4から発送予定ですので、合格の手応えがありそうでもはっきり分からないので、技能試験の勉強にも身が入りにくくなるかも知れません。

check
■焦らず解いて、答えを見直しましょう。
試験時間は2時間。しかし開始から1時間で退出可能になります。
私の時は退出可能な時刻になったらガタガタと騒がしいくらい結構な人が退出していきました。
皆様の時には、もしそうなったとしても、それに流されないで退出せず、じっくり試験に時間を使っていただきたいです。
試験の始めの方は早く進めようとして間違いを起こしやすいと思います。
なにより始めの方は計算問題になっており、ますます間違えを起こしやすい所です。
見直した時に思わぬ凡ミスを発見するかも知れません。
長かった試練から早く解放されたい気持ちもおありでしょうが、
ここしか頑張れる時がありませんので、悔いの無きよう時間のご活用をお願い致します。

電気工事士は世の役に立てる国家資格。
一人でも多くの合格者が出ますよう願っています。

(第二種電気工事士資格取得者:小川)

siliconhouse at 12:03│TrackBack(0)コラム 

トラックバックURL