2012年11月19日

ワイやワイや!電池や!!

店頭でLEDテープをお求めのお客様の中に、たまに『電池で光らせたい』との要望を仰る方が居ます。
もちろん車のバッテリー等ではなく、乾電池で、と言う問い合わせ。
当店で取り扱いのあるLED装飾類はほとんどがDC12V駆動。
電池で12Vを作ろうと思うと、アルカリ乾電池で8本、エネループ等の充電池を使うとなると10本も必要になってきます。
それだけで結構な大きさと重さになるんですが、例えば野外イベントで衣装や移動する装置などに組み込みたい場合、鉛蓄電池よりは遙かにマシなわけです。

で、結論から言いますと、例えば消費電流が約2Aの長さ5m物のLEDテープでも単三型アルカリ電池で光ります。
時間的にはそれ程保ちませんが、最近のアルカリ電池は優秀なので1時間以内の使用であればノー問題です。

と言う訳で本日は。
そんなスタンドアローンで光りたい派の方に朗報。
電池で光るLED装飾の紹介でございます。

シンプルな作り

もう見たマンマ。『電池式LEDワイヤー』シリーズでございます。
以前紹介致しました『極細LEDワイヤー』の電池電源版でございます。

ワイヤーの根元に電池BOXが付いておりまして、ココに単三型アルカリ電池を3本入れて点灯させます。

スライドで開きます

電池BOXにはON/OFFスイッチが付いているほか、蓋が簡単に開かないようネジ穴も付いています。

簡単なスイッチネジ穴(仮)

まぁネジは付いていないのですが。
タッピングネジなどを揉み込んでおけば安心ですね。

こちらも『極細LEDワイヤー』と同じく、仕上がり外径約0.4mmのコーティングワイヤーにチップLEDが付けられています。

LEDは樹脂で覆われている

12Vの極細と違ってこちらは線は2本のみ。
全長5mのワイヤーに10cm間隔で50球付けられているところは同じなのですが、全て並列に付けられているとなると消費電流は単純計算で1A。
でも使う電池は単三型アルカリ電池を3本だけ。
果たしてコレでどのくらいの時間光り続けるのか、私気になりまくりです。

で、実験してみました。
店頭で点灯実験をしたわけですね!

結論から言うと5時間半光り続け、まだもう少し行けそうな余力を残している感じでした。

点灯から5時間半後の写真

意外と長持ち。
コレならイベントだけでなく舞台や展示会の装飾などにも使えそうですね。
しかし防水性能はないので、雨天時は使わないで下さい。

ではラインナップを見ていきましょう。

白色


ブルー。ちょーぶるー


おピンク
ピンク

電球色
電球色

青っぽい紫
紫(青っぽい)

青に近いグリーン。
緑(と言うかブルーグリーン)

以上6色。何故か赤はありません。

気になるお値段は1260円。点滅はせず、単純に光りっぱなしですが充分キレイです。
この大きさなら衣服にも楽に仕込めますので、イベントやコスプレ衣装に組み込んでみてはいかがでしょうか。

サンプルは出してません。

・電池式LEDワイヤー L-5m50球 白・青・ピンク・電球色・紫・緑 ¥1260-

※その後電池の保ちについて実験しました。コチラもご参照下さい。

<記事:伊東>

共立エレショップにも登録しましたので、通販ご希望の方は
ご利用ください。
電池式LEDワイヤー 各種


siliconhouse at 23:30│TrackBack(0)1階売り場情報 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by けん   2013年05月28日 23:22
5 ledテープ1メーターほどを、乾電池の12vアルカリ電地で光らせる事は可能ですか?
2. Posted by 伊東@シリコンハウス   2013年05月29日 20:45
けん様

コメントありがとうございます。
ご質問について実験してみました。
詳しくは5月29日付けの記事をご覧くださいませ。
http://blog.siliconhouse.jp/archives/51994379.html
3. Posted by hirotan   2016年10月07日 01:53
先日、シリコンハウスさんで、この電池式LEDワイヤーを購入させてもらいました☆

電気系統に疎く、わからないことがあるのですが、教えてもらえないでしょうか?

このワイヤー部分は、途中で切断しても
使えるのでしょうか?

少々、長がすぎて すこしワイヤーをカットしたいのですが。。

よろしくお願いします。