真空管の魅力とはシュッ とした関数電卓

2013年02月16日

はさみさん@がんばらない

『物を切る』道具というのは世に無数とあるのですが、我々に最も身近で使用頻度の高い道具というと、やはり『ハサミ』ではないかと思います。

と言う訳で本日は。
変わり種のハサミの紹介でございます。

見た目もスマート

カバサワ製『スマート・シザ−』でございます。
何が変わっているって、この『スマート・シザ−』はハサミとは名ばかりでして、刃は片側にしか付いていません。しかもはさみません。
しかし唯一の刃は普通のハサミと違って両刃になっており、イメージとしてはナイフの様な刃になっています。

ナイフの様な刃先

つまりこの『スマート・シザ−』はあたかもまな板の上に包丁を真下に下ろすが如く要領で獲物を切断するのです。

違う用途で使う人間が記事を書くには優しくない商品でした。

パッケージ写真を見て貰えば判るとおり、本来の用途は園芸用、つまり樹木の剪定に使うハサミです。
そのため、固い樹木も楽に切れるようとても手に馴染むグリップ形状をしております。

握りやすい

実際その刃先と相まって、がんばらなくても軽く握るだけでサクサクと物が切れます。

で、何故この園芸用の特殊ハサミを仕入れたかと言いますと、実はこの『スマート・シザ−』、切り口が普通のハサミよりもキレイなのです。
と言うのも、普通のハサミの場合は両側から刃を入れるため、断面が欠けてガタガタになったり山型になったりします。
しかしこの『スマート・シザ−』はナイフの様にストンと押し切るため、切り口がキレイになるのです。
試しにベーク基板を切ってみました。

切り口キレイでしょパッキャラマオと切れる

見事な切り口です。しかもサクサク切れます。
ちなみに装飾用の光ファイバーも切ってみたのですが、切り口は曇りが無く、切ったそのまま装飾用として使える位キレイに切れてました。
このハサミを使えばヘッダーピンなどもキレイに切り離すことが出来まして、2列のヘッダーピンでもキレイに切れる優れものでございます。

さらにこの『スマート・シザ−』は工具箱や腰袋に入れても危なくないようロック機構も付いているので安全に収納できます。

片手で操作出来るロック機構

しかし良いことばかりではありません。
この『スマート・シザ−』は切れない物が割とあります。
裏の注意書きにも書かれていますが、電線などの金属もキレイには切れますが刃こぼれします。
また、ガラエポ基板のように繊維が固まっている物も切れません。

食い込むけど切れない

薄い紙やフィルムも切ることが出来ませんでした。
あまり無理をさせすぎると刃がガタガタになるのでご注意ください。

遊びすぎた・・・

気になるお値段は2100円。
基板などを切るときは『切る』と言うより『割る』に近い感覚ですが、プラスチックのパイプなどはキレイに切れるので、そう言った限定的な使い方に適したハサミです。
特にヘッダーピンを切るには最適なので、その辺に不満がある方には超オススメでございます。
なお、今回は白色のみの入荷となっております。
他の色が欲しい人は果報を寝てお待ちくださいませ。

強いハサミ色々あります。

・KABASAWA スマート・シザ− ¥2100-

<記事:伊東>

共立エレショップにも登録しました。
通販ご希望の方は、ご利用ください。
スマート・シザー


siliconhouse at 18:43│TrackBack(0)1階売り場情報 

トラックバックURL

真空管の魅力とはシュッ とした関数電卓