OH!マイキー新しい生活は新しい時計から

2013年02月24日

ハンダいらずの謎液体

シリコンハウスではハンダ付けを推奨しますが。。。
真っ黒な導電性ペンが入荷致しました!

BRP_10_1
■BarePaint コンダクティブペン BRP-10
販売価格:1,260円

価格改定にて1,580円となりました。
この黒さはおそらくは炭素粉末配合ということでしょうか。
どろどろのペースト状の液が入っています。
物は試しに実験やってみます。

BRP_10_2
まずは1cm、2cm、5cm、10cmで線を引いてみます。
容器を押さえると液が出てくるのですが、なかなか量の調整が難しい。。
同じ太さで引けていないのはご愛嬌。

でもって、実際にLEDを点灯させることができるかチェックもしてみます。
BRP_10_3
LED、抵抗、電池ボックス、コピー用紙を準備。

BRP_10_4
ぐりぐり〜っと液を出して部品の足同士を繋いでいきます。

BRP_10_5
引いて見た図。

ここから乾燥作業が必要なので、乾燥させます。
とりあえず1日置いてみます。

〜〜〜〜〜1日後〜〜〜〜〜

BRP_10_6
さて、次の日に液の様子を見ると、表面のツヤがなくなって、カサカサになってます。固さもあり、紙などにも簡易的には接着されている模様です。

BRP_10_7
4種類の長さで引いておいたラインの抵抗値を計ってみました。
ごく低抵抗というわけではなく、そこそこの抵抗値が。
あんまり大きな電流を流すような回路には不向きですね。

BRP_10_8
もちろんLEDはというと……

BRP_10_9
あっさりと点灯。
後から思えば液を抵抗代わりとか面白かったのではとか。
実験が終わってから手で捻ってみるとパリパリと割れてしまったので、強度はそこまで高くは無いようです。

熱に弱く半田付けが困難な部品などにも使えるかもしれません。
強度はそこまで高くは無いので、このペンで接着した後、上から接着剤やテープなどで補強するといい感じかも。

半田付けを行えば、ロスの少ない機械的強度にも優れた回路が作れますが、簡単に「工作」をするくらいなら面白いアイテムです!

<担当:入江>

共立エレショップにも登録しました。
通販ご希望の方は、ご利用ください。
BarePaint コンダクティブペン BRP-10


siliconhouse at 21:32│TrackBack(0)2階売り場情報 

トラックバックURL

OH!マイキー新しい生活は新しい時計から