2013年04月01日

お箸の国の人だから

テスターと言いますと。

1階で店員が使ってるテスター

一般的には↑のように本体から電線が延びていて、その先にテスター棒が付いているものです。
このテスター棒というのもプラスとマイナスで2本延びておりまして、箸文化に生きる我々としてはついお箸のように握ってしまいます。

握りにくい・・・

しかしこのテスター棒というのは長さが中途半端だったり変に凸凹していたりと、お世辞にも握りやすいとは言えません。

と言う訳で本日は。
そんなお箸の国の人にピッタリなテスターの紹介でございます。

超コンパクトボディw

京律製お箸型テスター『HASHI』でございます。
『京律』というのは京都に本拠地を置くテクノアート集団でございまして、元々は変わった電子楽器を作る人たちでした。
色々な電子楽器を作っていく内に私と同じようなテスターに対する不満を持つようになり、この『HASHI』の製作に至ったンだそうです。

さてこの『HASHI』、見た目通りとても持ちやすい。

ご飯も食べられる!

コレならそのまま食事にも使えそうなくらい見事に『お箸』でございます。
見た目はまるで木のお箸ですが、実際にはプラスチックのボディに木目が印刷されているだけでございます。
さすがにこの細さで木のボディは強度的に難しかったようです。
しかしこの見た目はステキの一言でございます。

機能も使い方も至ってシンプルでして、プラス側に付いた押しボタンでモードを変え、測定結果は同じくプラス側の液晶画面に表示されます。

小さいけど見やすい液晶

液晶画面は4桁、測定できるのは直流電圧が250Vまで、交流電圧も250Vまで、直流電流が500mAまで。
さらに抵抗値測定と導通チェックモードまでございます。
まさに必要な事は一通り出来る感じで、見た目だけでなくテスターとしての機能も必要充分でございます。

試しに電池の電圧を測ってみたのですが、コレは革命的に使い易いですよ。

このまま持ち上げることも可能

せっかくだから先っちょのチップ部分に溝とかの滑り止めを付けてくれたら更に使い易くなるでしょうね。
それでも従来のテスターよりも狭いところも測りやすく、色んなシーンで活躍すること間違いナシでございます。

狭いところもチョチョイのちょい

気になるお値段は4184円。『よいはし』円と覚えてくださいませ。
和の伝統美と機能美が電子工具と融合した傑作テスター。
新たなスタンダードの誕生でございます。

・京律 お箸型テスター HASHI ¥4184-

まぁ、勿論ウソ記事なんですけどね。

<記事:伊東@ホントにこんなテスター欲しい>

siliconhouse at 10:00│TrackBack(0)エイプリルフール 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by のび太は俺のもの   2013年04月01日 18:53
実現しそうだから困る。