Raspberry Piを自分色に!母の日に贈るちょっと変わった園芸品

2013年05月10日

み〜どり色にひか〜ぁる〜♪

ニキシー管に蛍光表示管、今や生産終了となった表示管を使ったキットが最近続々と店頭に並びはじめております。
赤フグさん然り、ビット・トレード・ワンさん然り。
そしてそのレトロ表示管キットの波が、ついに弊社にまで押し寄せてまいりました。

と言う訳で本日は。
弊社開発部門、共立プロダクツが開発しました蛍光表示管キットの紹介でございます。

しっかりした紙箱入り

Arduino用VFDシールド『KP-VFDSHIELD』でございます。
キットと言いましたが実は完成品のシールドでございます。
部品は全てハンダ済でして、すぐに使えるようになっております。

9桁の7セグ使用

裏にヘッダピンが付けられており、そのままArduinoに取り付けることが出来ます。

基板からはみ出すVFD

蛍光表示管は9桁の7セグモジュールを使っておりまして、単純なカウンターとして使うと9億9999万9999回カウントすることが出来ます。
1秒毎にカウントアップしていくとカンストするまでに30年以上かかってしまいます。
なんかすごいですね、そう考えると。

ただし蛍光表示管は表示部下の足でのみ取り付けられておりますので、設置の際、変に力を加えると足が折れて困ったことになるのでご注意ください。

薄べったいのですよAruduinoUNO装着図

基板からはみ出す格好で付いているのでケースなどに組み込む際も注意が必要です。

さらに使用には別途Arduino等マイコンボードが必要です。
VFDシールド用のスケッチは弊社WEBサイトからダウンロードできますので、そちらを参考に遊んでみてくださいませ。

ではでは。
店頭にて時計プログラムを使ったデモをしておりますのでその様子を見ていただきましょう。



8桁表示で1/100秒まで表示させております。
下2桁が高速で回転しており、なんだかカウンターのようですがちゃんと時計でございます。
電源はシールド上にもコネクタは付いていますが、Arduinoからも給電できます。
DC5V、どこから入れてもちゃんと駆動致します。

気になるお値段は3400円。
薄べったくて9桁表示の蛍光表示管。なかなか面白い素材ですので色々工夫して遊んでくださいませ。
個人的にはカシオのゲーム電卓に入ってたデジタルインベーダーとか遊べたら楽しそうだと思いますけどね。

デモ展示もやってるよ

・共立プロダクツ Arduino用VFDシールド KP-VFDSHIELD ¥3400-

<記事:伊東>

共立エレショップにも登録しました。
通販ご希望の方は、ご利用ください。
Arduino用VFDシールド KP-VFDSHIELD


siliconhouse at 18:41│TrackBack(0)1階売り場情報 

トラックバックURL

Raspberry Piを自分色に!母の日に贈るちょっと変わった園芸品