明日から本気1/fで揺らげ!

2013年07月05日

こんにちは三次元

世間的にはボーナスシーズンと言うことで。
まだまだ我々労働者にはアベノミクス効果も現れておらず、今年のボーナス平均支給額は昨年と比べて少し減っているようでございます。
まぁ自分の話をすると色々問題があるんで止めときますが、それでもまとまったお金が入ると大きなモノを買いたくなる物でございます。

で、最近話題なのが『3Dプリンター』。
組立式のモノでは10万円を切る値段の物もありまして、食指が動きつつも手が出せずにいる人も多いのではないかと思います。

と言う訳で。
・・・・・・・
いえいえ、3Dプリンターの販売を始めた訳ではないんですよ。
その前段階として、試しに仕入れてみた3Dプリンターのデモンストレーションイベントを行う事になりました。

イベントやるよ

日時は来週の土曜日、2013年7月13日土曜日。
場所はシリコンハウス1階の入口付近。
用意した3DプリンターはCubifyの『Cube』でございます。

話題の3Dプリンター

この『Cube』は樹脂を下から重ねてオブジェクトを出力するプリンターです。
多くの安価な3Dプリンターで採用されている方式ですね。
3Dデータをスライスして下から樹脂で積み重ねていくため、まず出力データは土台がしっかりしていないと上手く作れません。
また、空中に樹脂を置くことはできませんので、必ずデータは下から上へ繋がるように作らないといけません。

上手く作るには工夫が必要

例えば↑の写真、ワニが上を向いて口を開けている所を出力したのですが、これが横向きになると上顎は空中にいきなり現れることになり、上手く作ることが出来ません。
事ほど左様に色々と制約のある3Dプリンターではございますが、それでも自分が作った3Dデータが立体物として出力されてくるのは面白い物です。
ぜひともオブジェクトが出来ていく様子をご覧くださいませ。

なお、当日『Cube』用3Dデータをお持ち下さいましたお客様には、その場で出力するサービスを行います。
ファイル形式は『STL』で。データの作成には上にも書きました通り、下から上へ連続するように作成して下さいませ。

3Dプリンターが欲しい人もそうでない人も、一度話のタネに見ておいて損は無いと思います。
三連休の初日ですので皆様お誘い合わせの上お越し下さいませ。

<記事:伊東>

siliconhouse at 18:31│TrackBack(0)1階売り場情報 

トラックバックURL

明日から本気1/fで揺らげ!