簡単プログラミング体験スピーカーユニットの気になるアソコ

2013年07月19日

コレも一つのLI-ionの形

電池というのは色んな形の物がございまして、シリコンハウスも色々置いている方だと思うのですが、それでも見た事のない電池というのは出てくるモノです。

と言う訳で本日は。
これもまた変わり種の電池。なかなか店頭ではお目にかかれないんじゃないかと思う電池の紹介でございます。

生でございます。

リチウムイオン充電池のコイン型、『LIR2032』でございます。
リチウムイオン充電池と言いますと、シリコンハウスではLEDライト用の『18650』や『14500』が思い浮かびます。
この電池はその兄弟分でして、その形をコイン電池『2032』型にしたモノでございます。

薄いのでショート注意

定格電圧は3.6V。容量は45mAh。
薄くて両極の位置が近いのでショートしやすく、扱いには注意が必要です。
実際検品時、電池同士が接触してショートしてしまい、触れないくらい発熱して1枚ダメにしてしまいました。
リチウムイオン充電池と言えば発火・爆発の可能性が他の電池よりも高いので、くれぐれも扱いにはご注意ください。

気になるお値段は300円。
データシートを見ると出力電流は2セル分とのことなので、だいたい90mA程度。
LiLyPad用の電池など、LEDを幾つか光らせたいときなどに便利かも知れませんね。

そしてそして。

シュリンク・リード線付

上手い具合に同じ所から入手出来たのでリード線付きも仕入れてみました。
リード長約10cm。先端にはmolexの1.25mmピッチコネクタ『51021-0200』が付いております。

お馴染みモレックス

太陽電池で充電して使う機器にはこのコネクタ付で『LIR2032』が仕込まれていることがあるようですので、上手くコネクタが合えばそのまま付け替えることが出来ますね。
まぁ必要無ければ切り落とせばいいだけの話ですし。
ただしニッパーなどで切断する場合、2本の線を同時に切断してショートさせないようご注意ください。

リード付きのお値段は350円。
モレックスの1.25mmピッチコネクタはシリコンハウス3階でも取扱が有りますので、自作機器の組み込み用としても便利ではないかと思います。

なお、生セルもリード線付きも、専用の充電器はございませんので、皆様工夫して自作してくださいませ。

見つかりにくいけど頑張って探してね

・リチウムイオン充電池 2032型 LIR2032 生セル ¥300-
・リチウムイオン充電池 2032型 LIR2032 リード線付 ¥350-

<記事:伊東>

共立エレショップに登録しました。
通販ご希望の方はご利用ください。
コイン型リチウムイオン充電池 / LIR2032

siliconhouse at 18:27│TrackBack(0)1階売り場情報 

トラックバックURL

簡単プログラミング体験スピーカーユニットの気になるアソコ