2013年08月09日

ガイガーカウンターワークショップ’その後’

今日という日にこのイベントの告知が出来る事に、個人的な話ではありますが何か縁のような物を感じます。

告知ポスター

『ガイガーカウンターワークショップ’その後'』でございます。
これまで共立電子産業では音楽家の宇都宮泰さんを講師にお招きしてガイガーカウンターのワークショップを行ってきました。
実際に自分達で組み立て、使用法を学ぶという難しげな内容ではありましたが、非常に判りやすく受講された方にも好評でございました。

前回のワークショップからちょうど1年。
その間講師の宇都宮さんは線量計に関する本を執筆され、ご自身のサイトではシンチレーターの製作と運用に関する記事をアップされてました。
今回は『その後』と題しまして、この1年間の話も交えつつガイガー管などの販売、計測技術の実習、各種ガイガーの展示実演解説、+シンチレーション・γ線スペクトロメータの実演などを行います。

今までに比べ工作的な部分がないので工作が苦手な人でも参加しやすいのではないかと思います。
作業が無い分話もじっくり聞けるでしょうし、改めて放射線や線量計について知りたい方にもよいイベントだと思います。

日時は2013年8月31日(土)13時〜17時(予定)。
場所は共立電子産業本社ビル内セミナールーム。
定員は10名。
参加希望の方はwonderkit○keic.jp(○を@に置き換えてください)に必要事項(お名前、電話番号、参加人数)をお書きの上メールでお申し込み下さい。
今回は参加費無料でございます。
定員10名とは書きましたが、当日の飛び込み参加も大歓迎です。
予約しておくと確実に座る椅子がある、と言う程度のことですが、実際イスの数には限りがありますので是非予約をオススメ致します。

また、予習として宇都宮さんのサイトと本を読んでおくと、

超オススメ!

当日の解説がより解りやすくなります。
ご一読をオススメ致します。

と言う訳で。
正しく身を守るには正しい知識が必要です。
ニュースを見るに福島の状況は改善されておりませんし、先の参院選でも山本太郎氏が当選するなど原発に関する不信感や拒否反応も依然強いままです。
こういう状況だからこそ、知りたい。
そう言う皆様のご参加、お待ちしております。

<記事:伊東>

トラックバックURL