ちゃんと仕事してますってw2014年「共立カレンダー」できました。

2013年11月19日

歳を重ねるごとに親の偉大さが身に染みる

私自身は独身で子供もいないのですが、周りの友人や親戚は既に子持ちも多く、たまに会うと子育ての話をされて返しに困ることがございます。
子育てはしたことがないので何とも言えないのですが、自分が子育てをされていた時のことを思い出しては親というのは大変だなぁと思う次第でございます。

と言う訳で本日は。
小さな子供にとって母の教育は絶大な影響がございます。
その為子供の教育方針に頭を抱えるお母さんも多いんだとか。
そんな子育て中の悩めるギークなママのための書籍を紹介いたします。

思えばウチの母もある意味ギークな人でした

オライリーの『ギークマム』でございます。
この本はアメリカのギーク(英語で『良い意味でのオタク』というような感じの言葉)なママさん達が子育てについて意見交換をする『geekMOM』と言うサイトをベースにした物です。
ママさんが自分の趣味と趣味に関する深い知識を持って子育てをしたい、そんな思いを形にしてくれる書籍でございます。

蛙の子は蛙です

マンガやアニメ、ゲームだけに留まらず、化学実験や料理、手芸など幅広い趣味を子供に伝える手段が掲載されています。

イラストは少な目

特に伝えたい趣味がない場合でも、単純に子供と遊ぶ時のネタ本としても使えます。
子供の想像力や論理的思考を育みたい人にもオススメです。
従来の子育て本よりも実践的で解りやすいんじゃないかと思う次第でございます。

気になるお値段は2310円。
子育ては思い通りに行かないモノとよく聞きますが、たまにはこういった違う角度から子育てのアイデアを紹介した本を読んでみるのも良いのではないでしょうか。
上手く行けば親子で趣味のイベントに参加することも出来るようになるかも知れませんね。

この辺の書籍は読み物としても面白い

・オライリー ギークマム ¥2310-

<記事:伊東>

siliconhouse at 19:11│TrackBack(0)1階売り場情報 

トラックバックURL

ちゃんと仕事してますってw2014年「共立カレンダー」できました。