ゼロから始める太陽光発電進化と言うよりマイナーチェンジ

2013年11月26日

透明になるのは男の子の憧れ

一頃高層ビルと言えば全面ガラス張りというのが定番でした。
これは建物が高層化する中、都会において空が狭くなる現象に対するアンチテーゼとして産み出された建築で、ガラス面に空を映すことにより都心部の閉塞感を和らげようという試みでした。
と言うようなことを以前どこかで読んだ記憶が有るのですが、ソースが出てこずアワアワしてます。

まぁ不確かな話はおいといて、本日は透明な商品の紹介でございます。

両面テープには愛がある

エーモンの超強力両面テープ『No.1722』でございます。
この両面テープ、タダ車の外装に使えると言うだけでなく、なんとテープ自身が透明なのです。

割りと厚みがあるこの状態でも透明度は高い

剥離フィルムに薄い緑色の着色がされているので透明に見ませんが、剥離フィルムを剥がせば完全な透明になります。

よく見れば判りますが
どこに両面テープが貼られているか判りますか?

両面貼ったところの方が透明度が高い
正解は真ん中でした。
粘着力もなかなか強力で、透明度を見るために貼り付けてみたアクリルケースとプラスチックのディスプレイ台は剥がす時に壊れるんじゃないかと言うくらいガッチリと貼り付いていました。

振っても取れない

最大の接着力を得るまで24時間掛かるらしいのですが、10分程でこの接着力と言う事は『超強力』というのも納得です。

で、両面テープと言えば気になるのがシリコン素材に対する粘着力。
勿論この透明両面テープでも試してみました。

剥離フィルムを剥がすとテープが判らない

垂直に引っ張る分にはそれなりに強いのですが

鉄板が持ち上がるくらいには貼り付いてる

少しでも斜めに剥がそうとする力を加えるとスルッと剥がれてしまいました。

垂直以外の力には弱い鉄にはカッチリ貼り付きます

やはりシリコン素材に対してはオススメ出来ません。

使える素材は要チェック!

気になるお値段は645円。
幅1cm、厚み1mm、長さ2m入りでございます。
ガラス面などに見た目を損なわず何かを貼り付けることが出来る透明両面テープ。
車の外装に限らずお店のショーウィンドーなどでも使える便利な両面テープでございます。

売場でも目立たない…

・エーモン 超強力透明両面テープ No.1722 ¥645-

<記事:伊東>

siliconhouse at 17:00│TrackBack(0)1階売り場情報 

トラックバックURL

ゼロから始める太陽光発電進化と言うよりマイナーチェンジ