2014年06月06日

ブレッドボード電子工作を満喫しよう!

ブレッドボード電子工作がすっかり市民権を得た感がある昨今
試作はブレッドボードで、という方も多いと思います。

そういったブレッドボーダーズの必需品になりそうな商品が先日発売となりました。
ブレッドボードの配線を簡単・キレイに作れるサポートアイテム「ワイヤーストリッピングゲージ」です。

クラウドファンディングサイトKickstarterで資金調達を開始し、わずか4日で目標金額の8000ドルを達成した前人気の高い商品で、メーカーは 株式会社キビテク さん。
「ブレッドボードマニアック」と言えば耳にした事がある方も多いかもしれません。

ワイヤーストリッピングゲージ_BBM-WSGワイヤーストリッピングゲージ_BBM-WSG_2

取り付けは、ハンドルネジが付いてますのでワイヤーストリッパーに締め付けるだけです。

で、コレを使って見たのですが、確かにブレッドボード工作には便利です!
市販のジャンプワイヤーで作った回路を、このワイヤーストリッピングゲージを取り付けたワイヤーストリッパーで配線を自作して、作り直してみました。
デモ作成02デモ作成01

まずは、電源のマイナスラインに繋げる、白いワイヤーから。
ブレッドボードには定番の0.65mmの単線を使いました。

分かりにくいかもしれませんが、3穴分の距離がありますので、
被覆部分をゲージの3メモリ分に合わせて、ワイヤーストリッパー根元のカッターで切断します。
デモ作成03
※言い忘れてましたが取り付けの際は、メモリで測ったケーブルを根元のカッター部分で切断できるように取り付けておくと楽です。




ケーブルの切断した側を適切なストリップ穴で剥くわけですが、ガイドに当たるまで送ってやるとブレッドボードに最適な6〜7mm分を剥くことができます。
デモ作成04a

足の折り曲げは、上の穴に通して曲げるときれいにできます。
デモ作成05

で、ブレッドボードに挿すとこんな感じ。
デモ作成06

同じようにずべてのジャンプワイヤーを入れ替えるとこんなにスッキリ。
デモ作成07デモ作成08

足の折り曲げは表の穴だけでなく、長い間隔で曲げたい場合は裏面を使ってもできます。
ついでに、抵抗の足も幅を調整して折り曲げ、短く切ってしまいましょう。
デモ作成09デモ作成10

LEDの足は折り曲げませんが、ついでに短く切ってこんな感じになりました。
ここまでスッキリすると配線が分かりやすいので、回路が動かないときの検証も楽ちんです。
コレが非常に大事で、回路規模が大きくなるほど恩恵にあずかれます。
デモ作成12デモ作成11

因みに回路は、フォトトランジスタNJL7502Lを使った暗くなるとLEDが光る回路です。
フォトトランジスタを紙で覆い影を落とすと、ちゃんと想定どおりの動作でLEDが光ってくれて一安心。
デモ作成13

この便利商品、工具コーナーや、ブレッドボードコーナー、ワイヤーストリッパーコーナーと
シリコンハウス各フロアにて販売中です!

・キビテク ワイヤーストリッピングゲージ BBM-WSG ¥864- (8%税込)


担当:土肥

通販ご希望の方は共立エレショップをご利用ください。
ワイヤーストリッピングゲージ / BBM-WSG

siliconhouse at 16:56│TrackBack(0)子供向け工作記事 

トラックバックURL